logo

ShockWatch 2、出荷者のコスト節約と損傷検知を支援

ShockWatch 2013年04月23日 14時15分
From JCN Newswire

新型ShockWatch 2衝撃モニタにより、出荷者はコストを節減し、損傷に関する説明責任を正確に割り当て

Dallas, TX, Apr 23, 2013 - ( JCN Newswire ) - 新型ShockWatch 2衝撃モニタを一目見れば、荷物が乱暴に扱われたかどうかを知ることができます。インジケータは不正開封防止でシリアライズされていますので、取り扱い状況の明白な証拠になります。

ShockWatch 2には保護カバーを付けられますので、それがパッケージに取り付けられた後に受けた衝撃だけをモニタリングしていると、お客様は確信することができます。パッケージまたはコンテナの外に取り付けられ、商品の限界値を超える衝撃を受けると赤く変わります。受取人にはすぐに、荷物を注意深く検査する必要があるとわかります。運送業者にも、損傷の追跡が可能で、彼らの責任が問われる場合もあるとわかりますので、パッケージをさらに注意深く取り扱うべきであると納得できます。

「ShockWatch 2の実装は、単なるパッケージのモニタリング以上のものです。」と、最高経営責任者のGerard Smithは述べました。「衝撃データを追跡することで、出荷者と運送業者は、さらに正確に損傷の発生場所を調査でき、パッケージング、経路、手続き、サプライチェーンパートナーを変更することで今後の損傷を防止することができます。このように、損傷の可能性の警告を与えることで、ShockWatch 2は出荷者とその顧客が、全体的なサプライチェーンコストを削減する支援をします。」

ShockWatch 2は、現在62か国3000社以上のお客様と約200社のパートナーが、輸送および保管中の商品の傷や破損の原因となる取扱いミスを検出できるようにするソリューションを提供しています。堅牢なShockWatch 2製品ラインアップには、衝撃、傾き、温度、振動、湿度の検知システムなどがあり、エネルギー、運輸、航空宇宙、防衛、食品、製薬、医療機器、消費財、製造セクタで広く使われています。詳しい情報は www.shockwatch.com リンク をご覧ください。

お問合せ情報
お問い合わせ先:
Nichole Tips
+1-214-364-3644
ntips@shockwatch.com

概要:ShockWatch

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。