logo

◎Magic Partition Recoveryバージョン2.0を発表 East Imperial Soft

East Imperial Soft 2013年04月23日 10時10分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Magic Partition Recoveryバージョン2.0を発表 East Imperial Soft

AsiaNet 52783
共同JBN 0459 (2013.4.23)

【マイアミ(米フロリダ州)2013年4月23日PRN=共同JBN】East Imperial Softは23日、同社旗艦製品のデータリカバリー・ツール、Magic Partition Recoveryの大幅なバージョンアップを発表した。Magic Partition Recoveryバージョン2.0は64ビット版を含むWindows 8をサポートし、情報回復可能フォーマットの数を200以上に増やし、サポートしているフォーマットのすべてのサムネール・プレビューを含んでいる。

(Logo: リンク

▽Windows 8のサポート
Magic Partition Recovery 2.0は、Windows 8のすべてのビルドとバージョンをサポートするため再設計された。新バージョンは、Windows 8の32ビット、64ビット版のすべてのデスクトップ、ラップトップ、タブレットPCをサポートしている。

▽より多くのファイルタイプを回復
Magic Partition Recoveryは回復できるファイル・フォーマットの数を拡大している。包括モードはコンテンツ認識分析を使用しており、ディスクコンテンツのすべてを読み取り、それぞれの特徴的なシグネチャーによってその位置を特定する。このモードではファイルシステムの存在を必要としないが、情報探知能力はサポートされているシグネチャーのリストによって限定される。

バージョン2.0では、コンテンツ認識分析が強化されており、サポートするフォーマット数は200以上に増強されている。これには文書、画像、アーカイブ、電子メールなどが含まれている。さらに修復後のディスク再スキャンはバージョン1.xに比べ、大幅にスピードアップしている。

▽サムネール・ギャラリー
Magic Partition Recoveryのシグネチャー機能は、回復前にファイルをプレビューする能力である。バージョン2.0はさらにプレビュー・アルゴリズムを発展させ、回復可能なファイルのサムネール・ギャラリーを表示する。ユーザーは新しいプレビューモードによって、一目見ただけでファイルが実際に回復可能かどうか分かるようになっている。

▽Magic Partition Recoveryについて
Magic Partition Recoveryは一体型の完全自動データ回復ソリューションである。このツールは削除されたファイルの復元、フォーマットされたり、パーティションを変更したり、破損したりアクセスできなくなったストレージ機器からの情報を回復するように設計されている。Magic Partition Recovery 2.0のアルゴリズムによって、ひどく損傷し破損したパーティションに保存されていた情報が確実に回復できるようになっている。

▽互換性
Magic Partition Recovery 2.0は、HDD/SSDドライブ、フラッシュドライブ、メモリーカードを含むあらゆるタイプの電磁式、フラッシュ式ストレージメディアをサポートしている。Windows XP、Vista、Windows 7、Windows 8、2003/2008サーバーの32/64ビット版で、すべてのバージョンのFAT、NTFSがサポートされている。

▽価格・購入先
価格は139米ドルから。評価版のダウンロードは製造元ウェブサイトから無料で行える。

▽East Imperial Softについて
East Imperial Softは2002年創業。Windowsユーザー向けデータ回復ツールを開発している。同社のツールは、コンピューター初心者から専門家に至るまであらゆるタイプのユーザーのニーズに応える。

無料評価版はリンクから。

▽問い合わせ先
Stanislav Ermolov
sales@magicuneraser.com
Address: 701 Brickell Avenue,
Miami, Florida, 33131 USA
Phone number: +1-888-225-20-40

ソース:East Imperial Soft

www.magicuneraser.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。