logo

◎CROとバイオ医薬品業界の戦略提携の現状のリポート発表

パレクセル・インターナショナル 2013年04月23日 09時25分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎CROとバイオ医薬品業界の戦略提携の現状のリポート発表

AsiaNet 52787
共同JBN 0453 (2013.4.23)

【ボストン2013年4月22日】有力な世界的バイオ医薬品サービス会社であるパレクセル・インターナショナル(PAREXEL International)(ナスダック:PRXL)は22日、米フロリダ州オーランドでの「第22回臨床試験における提携関係年次会議」で、新たな調査リポート「戦略的提携関係2013」を発表した。このリポートはアウトソーシングの現状と戦略的提携がすべての規模のバイオ医薬品会社に提供する価値を初めて探ったものである。戦略的提携はバイオ医薬品会社と臨床研究機関(CRO)(リンク)の間の複数年の高度総合契約である。

同リポートで戦略的提携に関与し、インタビューを受けたバイオ医薬品業界の経営者85%が自社とCROとの関係は好影響を受けたと信じていることがわかった。経営者は臨床開発に対するより総合的なアプローチが自分の過失のレベルを下げ、固定コストを減少させ、内部では発見できなかった能力へのアクセスを提供すると信じている。

パレクセル・インターナショナルのジョセフ・フォン・リッケンバック役員会長兼最高経営責任者(CEO)は「戦略的提携関係2013はバイオ医薬品会社が円滑な統合、統一された目標、相互的な投資を通じて、より大きな価値を推進するために戦略的提携関係を結ぶことの重要性が増大していることを強調している。また同リポートは戦略的提携には、サイクル時間に対する追加的な共同集中、専門知識の共有、効率的な監視モデルを通じて生み出せるさらなる利点があることを示している」と語っている。

リポートのためにインタビューを受けた業界経営者は、戦略的提携が新たな療法を開発、商業化する手段を変革していると信じている。しかし、経営者は絶えず変化する規制環境の問題に適切、効果的に対応するようにモデルは変化しなければならないと指摘している。次世代の戦略的提携のビジョンについての質問には、商業的インセンティブの統一化、より深いチーム協力(戦略的および目標を定めた専門知識)、サイクル時間の改善による市場進出時間の短縮が上位3点に挙げられた。

今週開かれる「年次提携関係会議」(4月24日)で、フォン・リッケンバック会長は「2013年の医薬品の経済見通しに関するウォールストリート・リーダーシップ・パネルーアウトソーシング業界にとっての機会、投資領域、効果」というテーマのセッション/ラウンドテーブルでパネリストを務める。そのプレゼンテーションの一環として同会長はパレクセルの経験に基づく戦略的提携の利点と意味およびCRO(リンク)業界の将来の見通しについて述べる。

▽「戦略的提携関係2013」について
中立系の調査会社であるブームズ・リサーチ&コンサルティング社はこのリポートのためにCスイート(経営幹部)のリーダーや臨床業務、研究開発、戦略的アウトソーシングの責任者など、世界的なバイオ医薬品会社を代表する上級レベルの経営者に突っ込んだインタビューを行った(n=26)。サンプルには71%の大規模医薬品会社、12%の中規模医薬品会社、17%の小規模医薬品会社が含まれている。インタビューは2012年秋に英語で行われた。参加者は合計で業界の研究開発支出の39%を占める企業を代表する。リポートには現在の臨床開発アウトソーシング(リンク)と戦略的提携の状態をよりよく理解するために量的、質的問題が含まれている。このため一部の問題では合計が100%を超える。

リポート全文はリンクへ。

▽パレクセル・インターナショナル(PAREXEL International Corporation)について
パレクセル・インターナショナルは有力な世界的バイオ医薬品会社で、広い領域で知識ベースの委託研究、コンサルティング、医療コミュニケーション・サービスを世界の医薬品、バイオテクノロジー、医療機器業界に提供している。市場進出時間、ピーク・マーケット・ペネトレーションを促進するソリューションの提供にコミットしているパレクセルは、医薬品開発と規制コンサルティングから臨床薬理学、臨床試験管理、医療教育、償還に至る開発と商業化の連続体全体にわたって重要な専門知識を身につけている。パレクセルの子会社であるPerceptive Infomatics, Inc.は医療画像を含む先進的な技術ソリューションを提供して臨床開発プロセスを容易にしている。米マサチューセッツ州ボストン近くに本社を置くパレクセルは世界51カ国の73カ所で活動しており、従業員は約1万4000人。パレクセル・インターナショナルについての詳しい情報はリンクへ。

(C)2013 PAREXEL International Corporation。PAREXELはPAREXEL International Corporationの登録商標、Perceptive InfomaticsはPerceptive Infomatics, Inc.の登録商標。ほかのすべての名称、マークはPAREXEL International Corporation、Perceptive Infomatics, Inc.あるいはそれぞれの所有者の登録商標または商標であり、ここに通告する。

▽問い合わせ先
Diana Martin, Vice President
Corporate Communications
PAREXEL International
Tel: +1-781-434-5516
Email: Diana.Martin@PAREXEL.com

Katie Hepler
Ogilvy Public Relations
Tel: +1-212-880-5220
Email: Katie.Hepler@ogilvy.com;

Kim Leadley
PAN Communications
Tel: +1-617-502-4300
Email: PAREXEL@pancomm.com

ソース:PAREXEL International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事