logo

5月17日開催セミナー『失敗しない!グローバルPLM適用セミナー』

~設計・開発業務の標準化とトレーサビリティの重要性~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■セミナー名:

          失敗しない!グローバルPLM適用セミナー
      ~設計・開発業務の標準化とトレーサビリティの重要性~

  詳細&申込 → リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるわけでもない。
唯一生き残るのは変化できる者である」進化論を提唱したチャールズ・ダーウィ
ンが示した考えと言われています。
激動する昨今のビジネス環境においても、いかに持続的に改革/変化し続けてい
けるかが企業の生き残りの鍵となります。
近年、国内製造業の市場もポストBRICsと呼ばれる新興国へ広がっています。
生き残りのため、新興国も含めた多様な市場のニーズをとらえた製品を、低コス
トかつ短い開発リードタイムで製品化することが求められており、設計・開発機
能のグローバル展開が不可欠な戦略となっています。

本セミナーでは設計・開発機能をグローバル展開するうえでの業務、システム構
築のポイントを実例を交えてご紹介いたします。

──────────────────────────────────
 ■日時: 2013年 5月17日(金)13:30~16:20 [受付開始 13:00]
──────────────────────────────────
 ■会場: 赤坂Kタワー3F カンファレンスルーム
      〒107-0051 東京都港区元赤坂1-2-7
      地図:リンク
──────────────────────────────────
 ■セミナー内容:

 ◇『加速するグローバル設計開発に求められる 情報/業務/変更管理プラット
   フォームの最新動向』

   各国需要に応じモノづくりが再構築され、設計開発も海外移転すること
   でバリューチェーンが大きく変化しています。しかし行き過ぎた個別最
   適な現地化は、効率/コスト面での弊害を生みます。 これから本格化す
   る“海外での設計開発管理”の最適解について思考錯誤の 企業が多い中
   で、先行的に取り組んでいる企業事例と成功のために必要だった 各種業
   務/システムのプラットフォーム化のポイントについてご説明します。

              株式会社クニエ  ディレクター 須藤 淳一     

 ◇『エクサが考えるグローバルPLM構築のポイント』

   設計開発業務のグローバル展開を支えるPLMシステムでは、単一拠点や日本
   国内限定のPLMシステムと 比較して、トレーサビリティとマスタ統合管理
   をより一層重視する必要があります。 これを実現するためのポイントと進
   め方をご紹介します

     株式会社エクサ エンジニアリングソリューション部 秋田 光穂 
    
 ◇『グローバル設計開発業務におけるエンジニアリングクラウドの活用』

   設計開発業務のグローバル展開にはクラウド技術の活用が重要です。
   先進ユーザ様の取組事例を交え、エンジニアリングクラウドの活用ポイント
   をご紹介します。

          株式会社エクサ コンサルティング推進部 津田 宏臣 
 
   
  ※講演内容は事前のお知らせ無く、変更になる場合がございます。
  予めご了承ください。
──────────────────────────────────
 ■定員数: 50名 (定員に達し次第締切)
──────────────────────────────────
 ■受講料: 無料(事前登録制)
──────────────────────────────────
 ■主 催: 株式会社エクサ
 ■協 賛: 株式会社クニエ
──────────────────────────────────
 ■お申込: こちらから!
       リンク

──────────────────────────────────

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。