logo

株式会社テラスカイ クラウドでERPをワンストップ提供する新サービス 『クラウドERPコンシェルジュサービス』の提供開始



クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、ERPをクラウドでワンストップに提供する、新サービス「クラウドERPコンシェルジュサービス」を2013年5月1日(水)より提供開始致します。

「クラウドERPコンシェルジュサービス」は、業務要件の分析からFIT&GAPの実施、追加機能開発、データ移行、本稼働後のサポートまでを一貫して支援するERPの導入コンサルティングサービスです。

近年、クラウド上で提供される業務システムが増加したことを受け、クラウドへの理解が深まり、クラウドファーストを提唱する企業も増えてきました。このような市場のニーズを受け、本サービスは、クラウドサービスそれぞれの得意分野を組み合わせ、必要な機能をコンパクトに組み合わせることで、最適なERPソリューションを短期間、低コストに提供することを可能とします。また、クラウドであることによりグローバル展開、モバイルデバイスからのERP利用も従来よりも容易に実現できるようになります。

テラスカイは、長年提供してきたクラウドサービスの導入支援で培った「クラウド化のポイント」を最大限に活かし、クラウドERPの導入サポートを提供していきます。本サービスにおいて、3年間で10億円の売り上げを目指します。

【クラウドERPコンシェルジュサービスとは】
「クラウドERPコンシェルジュサービス」は、下記のクラウドサービスを組み合わせ、導入コンサルティングを行うサービスです。
1) Force.com上で提供されるERPアプリケーション:gloviaオーダーマネジメント
2) gloviaオーダーマネージメントの入力や検索を業務ニーズに合わせる画面開発ツール:SkyVisualEditor
3) SkyVisualEditorと連携し帳票を出力する帳票サービス:Canon Business Imaging Online
4) 会計をクラウド上で提供するクラウド基盤ソリューション:SuperStream-NX
5) SuperStream-NXの連携アダプタとgloviaオーダーマネージメントの連携アダプタを搭載したシステム連携ツール:SkyOnDemand。

【クラウドERPコンシェルジュサービスのイメージ】


【エンドースメント】
■キヤノンマーケティングジャパン様のエンドースメント
キヤノンマーケティングジャパン株式会社 ドキュメントソリューション企画部 部長 大島 聡 様
Salesforceと連携する「Canon Business Imaging Online帳票・印刷サービス」は、販売管理などの中核業務との連携ニーズが高く、「クラウドERPコンシェルジュサービス」の提供開始により帳票連携のニーズが高まると大いに期待しております。

■スーパーストリーム株式会社様のエンドースメント
スーパーストリーム株式会社 マーケティング企画部 部長 山田 誠 様
SuperStreamはERPをクラウドで実現する「クラウドERPコンシェルジュサービス」の提供開始を歓迎致します。ERPシステムは今後、従来主流であったOnPremise型からクラウドサービスへと益々転換するものと考えております。当サービスを利用することで、今まで以上に当社の顧客やパートナー様にも低コスト利便性の高い新しい付加価値をご提案できるものと期待しております。

■セールスフォース・ドットコム様のエンドースメント
株式会社セールスフォース・ドットコム 専務取締役 保科 実 様
株式会社テラスカイによる「クラウドERPコンシェルジュサービス」の提供が開始されることを心より歓迎いたします。 企業システムにおけるクラウドの浸透は目覚ましく、業務への適応領域もますます拡大しています。同社が取り組むERPシステムがSalesforce上で稼働することによって、情報をリアルタイムに共有することが出来、ユーザーの競争力を高めることに貢献すると確信いたしております。

【連携する各サービスについて】
■gloviaオーダーマネジメントについて
「gloviaオーダーマネジメント」は、グロービアインターナショナル株式会社が提供するクラウドサービス型ERPアプリケーションで、セールスフォース・ドットコム社のクラウドプラットフォーム「Force.com」上で稼働しています。「販売管理」「在庫管理」「購買管理」「生産管理」「会計システムとの連携」等、企業の基幹系業務をクラウドサービスとして提供します。

■SuperStream-NXについて
SuperStreamシリーズは1995年6月の提供開始以来、国内の中堅企業を中心に支持を受け、累計で7,000 社(2013年3月現在)を超える導入実績を持つ経営基盤ソリューション(会計・人事/給与)です。2009年12月にリリースしたSuperStream-NXは従来のOnPremise提供に加えクラウドにも対応、企業の経営的視点に立った情報活用と企業の成長戦略を強力にサポートしています。

■Canon Business Imaging Onlineについて
クラウド型帳票印刷サービス「Canon Business Imaging Online」は、Salesforceのアプリケーション上で管理されている情報をシンプルな操作でお好みの帳票レイアウトにPDFとして出力し、キヤノンの複合機・プリンターなどへクラウドから直接印刷できます。また、クラウドに最適化した印刷技術や環境、さらには高いセキュリティもご提供します。

■SkyVisualEditorについて
「SkyVisualEditor」は、コーディングすることなくマウス操作だけで、Salesforceの入力・参照フォームを作成することができる画面開発ツールです。 これまで、Salesforceの画面は、シンプルな基本サービス内の機能で作成するか、SI事業者などプロフェッショナルな技術者へ開発依頼することが一般的でした。しかし、「SkyVisualEditor」を利用すれば、画面開発のニーズが高い画面をウィザード形式などで簡単、迅速に作成できます。帳票やシステム移行前と同じ画面をSalesforce上で表示するなど、Salesforceの画面作成を大幅に簡略化できるツールです。

■SkyOnDemandについて
「SkyOnDemand」は、「クラウド⇔社内の基幹システム」間、あるいは、「クラウド⇔クラウド」間のデータ連携を、SI事業者へ依頼することなく、ドラッグ&ドロップで設定できる新しいSaaS型サービスです。SaaS型サービスによる月額課金のため、初期費用を抑えることができます。

<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウドとシステム連携を核とするソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行なっています。創業時よりセールスフォース・ドットコム社のコンサルティングパートナーとして、多くのお客様への導入サービスを行なってきました。その実績により培ったノウハウを基に、お客様の業務効率を高める革新的なソリューションを提供しています。テラスカイの詳細はリンク にてご覧いただけます。

名称:株式会社テラスカイ
設立:2006年3月
資本金:1億9490万円
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。