logo

20歳~34歳のデスクワーカー400人に聞く、オフィス環境調査 

株式会社メディア・シェイカーズ 2013年04月22日 08時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年4月22日

株式会社メディア・シェイカーズ M1・F1総研(R)

20歳~34歳のデスクワーカー400人に聞く、オフィス環境調査 
デスクワーカーの約8割が「オフィスドライ」を経験
オフィスドライ対策の主流は水分補給を“ちびだら飲み” 
オフィスドリンクに求められる新基準は飲んだ時の「快適さ」

春、新生活。フレッシャーズの季節。明るく華やかな気分になる春ですが、オフィス環境は湿度が不足した乾燥状態。今年は異常気象ともいえる春の嵐で、その乾燥度はさらに加速し、オフィスの“砂漠化”が予想されます。
想像以上にドライな環境で働くデスクワーカーたち。フリーマガジン「R25」を発行する(株)メディア・シェイカーズのM1・F1総研では、乾燥するオフィス環境を「オフィスドライ」と命名し、20歳から34歳のデスクワーカーが感じる「オフィスドライ」の実態を調査。オフィスドライの実態を探るとともに、その対策方法についても調べてみました。

(1)いまどきオフィスは“乾燥警報”発令中!
●デスクワーカーの約8割が感じている「オフィスドライ」
●目元や肌だけでなく、実は「口周り」でオフィスドライを実感
オフィスドライを感じるデスクワーカーは全体の78.0%/女性(87.5%)だけでなく、男性(68.5%)も7割がオフィスドライ/オフィスドライを感じるのは「口元や唇」(63.0%)がトップ

(2)一番のオフィスドライ対策は「水分補給」
●男女を問わず、乾燥対策は「水分補給」がいちばん大事
オフィスドライ対策は「水分補給」(62.9%)が男女ともにトップ/オフィスドライ対策、男性は水分補給だけ、女性は様々/ストレスが高い人の85.0%がオフィスドライを感じ、ストレスが低い人(59.4%)より20ポイントも多い

(3)席飲みドリンクは“ちびだら飲み”が主流
●仕事中に席でいちばんよく飲むのは「水」
●のどや口の渇きを癒やす「水」の飲み方は“ちびだら飲み”
席飲みドリンク第1位は「水(ミネラルウォーター)」(63.5%)/「水」を飲む目的は、「のどの渇きを癒やす」(87.0%)ため/1本を2時間以上(63.0%)かけて飲む“ちびだら飲み“が主流

(4)オフィスドリンクの新基準は「快適さ」
●仕事に欠かせないオフィスドリンク。なのに6割が不満アリ
●オフィスドリンクには、おいしさだけでなく「快適さ」も重要
現状のオフィスドリンク、58.8%が不満/ぬるくなるとおいしくないなど「水」ですら不満が高い(65.0%)/おいしさや味だけでなく、口が潤い(43.3%)さっぱりする(37.3%)など、飲んだ時の「快適さ」もオフィスドリンクの新しい選択基準に

※上記は調査結果の抜粋です。詳細は下記よりご確認ください。
リンク

【調査実施概要】
 ◆調査手法:インターネット調査◆調査機関:M1・F1総研(R)
 ◆調査地域:一都三県◆実施日時:2013年3月9日(土)~11日(月)
 ◆調査対象:自分の席でのデスクワークが中心の20歳~34歳の働く男女 400名(男性200名、女性200名)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事