logo

鉄道模型の専門メーカー 株式会社カツミは、西日本地区初の直営店を『グランフロント大阪』に出店

株式会社カツミ 2013年04月19日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年4月19日

株式会社カツミ

鉄道模型の専門メーカー 株式会社カツミは、西日本地区初の直営店を『グランフロント大阪』に出店します

株式会社カツミ(本社:東京都目黒区、代表取締役:酒井 悦一)は、昭和22年8月に創業、金属製鉄道模型車両の製作一筋のトップブランドとして歩み続け今年で66年になります。
創業期から昭和50年代までは、国内市場とともにアメリカ型機関車の輸出が好調に推移し、規模も拡大していきました。その後は比較的狭い場所でも楽しめ、しかも安価なNゲージ(注1)が主流となりました。
しかし、当社の主力商品である本格的で重厚な金属製のHOゲージ(注2)は大人の趣味として強い支持を受け、根強いファン層を形成しています。
当社は市場の動向に伴い様々な改革をしながらも、重厚な金属製鉄道模型のトップブランドの「カツミ」をしっかりと守ってまいりました。

昨年、横浜・みなとみらい地区にオープンした「原鉄道模型博物館」が多くの方々から注目を集め、また、新橋=横浜間の鉄道開業140周年の歴史やJR西日本で開設準備中の鉄道博物館の話題など、鉄道や鉄道模型に関する関心が高まってきました。
加えて団塊の世代を中心としたかつての鉄道模型ユーザーの回帰現象もあり、より本格的な鉄道模型が静かな注目を集めております。

当社は全国の有名鉄道模型店での販売に加え、現在4店(目黒、有楽町、池袋、横浜)の直営店での営業を主力に展開しております。
このたび、西日本地区への積極販売展開の足掛かりとして5店目の直営店を話題の『グランフロント大阪』(大阪市北区大深町)に出店いたします。
関西地区の鉄道模型ユーザーにより一層の鉄道模型の楽しさを体感していただけるような店づくりと様々な情報発信基地として運営してまいります。

(注1)9mmゲージとも呼ばれ、車両の大きさは実物の150分の1、線路幅(軌間9mm)
(注2)16番ゲージとも呼ばれ、車両の大きさは実物の80分の1、線路幅(軌間16.5mm)

■カツミ 大阪店 概要
 グランフロント大阪 ショップ&レストラン 北館5F
   営業時間 10:00~21:00 年中無休
   売り場面積 約31m2
   初年度売上予想 5,850万円

■本リリースに関するお問い合わせは

 株式会社カツミ 営業部 新井まで
 TEL03-3711-7738  FAX03-3715-5013 メール:arai@ktm-models.co.jp mailto:arai@ktm-models.co.jp
 ホームページ: リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事