logo

レネソーラ、上野原メガソーラープロジェクトに 2MW規模のVirtus II 260Wを供給

レネソーラ・ジャパン株式会社 2013年04月18日 16時45分
From Digital PR Platform


世界有数の高性能太陽光モジュール及びウェハーメーカーであるレネソーラ社 (ReneSola Ltd. NYSE: SOL)はこの度、上野原メガソーラープロジェクト(山梨県上野原市)向けに2MW規模の多結晶シリコン製品を供給する販売契約を締結しました。これに伴い、レネソーラ社は当社最高レベルのパフォーマンスを誇る多結晶シリコン・モジュール Virtus II (260W) 2 MW相当を同メガソーラーに供給することになります。

レネソーラ社のVirtus IIは業界最高レベルの効率を誇る多結晶シリコン太陽光パネルです。レネソーラ社は技術開発に重点を置き、企業内で高純度の多結晶シリコンから太陽電池モジュールまで一貫生産体制を確立していますが、なかでも太陽光発電の基幹部品であるウェハーに高い技術力と強い競争力を誇っています。

これら画期的な高変換効率ウェハーを搭載することにより、Virtus IIといった高い変換効率、低LIDロスを実現しながらもコスト効率の高い先進的モジュールを開発することが可能なのです。また当社はその高い技術力と生産力をもって、260Wの多結晶シリコン太陽光パネルの量産を実現した業界初の企業でもあります。

この度の上野原メガソーラーへの販売契約は、レネソーラの技術志向かつ高効率太陽光パネルのプロバイダーとしての地位を裏付けるものです。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事