logo

書籍 『クロスボーダーM&Aの組織・人事マネジメント』 出版のお知らせ

<内容紹介>
日本企業の拠って立つ土台をより高く、より堅固に!

 日本企業にとって、かねてから海外企業買収による成長は最も重要な経営テーマとなっている。クロスボーダーM&Aの巧拙は、個別企業、ひいてはわが国の行く末を左右する。
 クロスボーダーM&Aは案件ごとに大きな特徴があり、組織・人事分野においても案件ごとに大きな相違点があって、慎重な検討と対応が個別に求められる。しかし、例えばすでに医療においてその時代の医学があり、診断と治療のしくみができ上がっているようにM&Aの組織・人事分野においても個別の案件を越えた「定見」をできる限り提示し、課題認識と対策のレベルを体系的に引き上げていく取り組みが生まれることが重要であると考えている。
 本書はそのような認識のもと、組織・人事の観点からクロスボーダーM&Aについてできるだけ分かりやすく、体系だった叙述を試みたものである。

<目次>
■ 序章 日本企業とクロスボーダーM&A
組織・人事の観点から見た案件の難度 / 買収先の経営者に対するガバナンスの確立 / クロスボーダーM&Aの俯瞰と先読み
■ 第1章 想定リスクに見合った効率的なデューデリジェンスの実施
交渉ごととしてのデューデリジェンス / 組織・人事デューデリジェンスのパターン / デューデリジェンスに先立つ統合フィット診断
■ 第2章 難度の高いディールにおける円滑なクロージングの実現
事業の選択と集中がもたらすスタンド・アロン・イシュー / スタンド・アロン・イシュー対処のプロセス / 効果的な社員コミュニケーション
■ 第3章 経営者の効果的リテンション
クロスボーダーM&Aにおける経営者リテンションの重要性 / 金銭的リテンション策の内容 / 現経営者のバイ・イン/リテインした買収先CEOの交代 / 買収時点でのCEOの交代
■ 第4章 経営者に対する有効なガバナンスの確立
ガバナンス・マネジメントの新体制と100日プラン検討体制の確立 / リーダーシップの融合 / 経営者に対する人事三権の確立 / 経営チームのトランジション / 経営チームと経営者に対するアセスメント / PMIにおける組織診断と社員の意識改革・行動改革
■ 第5章 経営者報酬に対するガバナンス
クロスボーダーM&Aが加速する経営者報酬ガバナンスの必要性 / 経営者報酬ガイドラインと報酬委員会の運営
■ 第6章 組織統合
統合モデルとPMIの成功イメージ / 組織統合のプロセスと統合に対するガバナンス / 組織統合の阻害要因の克服
■ 終章 M&Aリテラシー

<著者>
竹田年朗(たけだ・としろう)
マーサー ジャパン株式会社 グローバルM&Aコンサルティング プリンシパル

株式会社大林組、外資系コンサルティング会社(戦略系、組織人事系)を経て現職。
日本企業の海外企業買収に対して、デュー・デリジェンスからPMIまで、幅広い支援を提供している。特に最近は、買収後のガバナンス構築、インテグレーション、海外子会社の地域再編、人事と戦略に関するグループガバナンスなどをテーマとしている。2009年12月から、M&A専門誌「 MARR 」にて毎月論文連載中。2012年1月号では新春巻頭鼎談を実施。
著書に、「人事デューデリジェンスの実務」「合併・買収の統合実務ハンドブック」(ともに中央経済社、共著)がある。
東京大学法学部卒、コーネル大学経営学修士(MBA)修了。

###

マーサーについて
マーサーは、世界40カ国以上、約180都市において、組織人事、福利厚生、退職金・年金、資産運用分野で25,000社以上のクライアントにサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームです。
世界各地に在籍する19,000名以上のスタッフがクライアントの皆様のパートナーとして多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。

日本においては、30余年の豊富な実績とグローバルネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス提供を行っています。
組織変革、人事制度構築、福利厚生・退職給付制度構築、M&Aアドバイザリー・サービス、グローバル人材マネジメント基盤構築、給与データサービス、年金数理、資産運用など、「人・組織」を基盤とした幅広いコンサルティング・サービスを提供しています。
マーサーは、ニューヨーク、シカゴ、ロンドン証券取引所に上場している、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(証券コード: MMC)グループの一員です。
マーサーについての詳細は、以下をご参照ください
マーサー ジャパン リンク
Mercer (Global) リンク

マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズについて
マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ (ニューヨーク証券取引所コード: MMC) は、グローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。
マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズはマーシュ(保険仲介とリスクマネジメント)、ガイカーペンター(再保険仲介・コンサルティング)、マーサー(組織・人事マネジメント・コンサルティング)、そしてオリバーワイマン(戦略コンサルティング)から構成されており、年間総収入110億米ドル超、全世界に53,000名の従業員を擁し、100ヶ国以上で顧客に分析、アドバイスを行い、各種取引を支援しています。
当グループは責任ある企業市民として事業展開しているコミュニティに貢献しています。詳しい企業情報については www.mmc.com、今
日企業が直面する課題に取り組む当グループの国際的な実務能力とソリューションについては www.PartneringImpact.com をご覧ください。

###
本リリースはWebページからもご覧いただけます。
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
マーサージャパン株式会社
広報
小原 香恋
TEL:03-5354-1674
Email:pr.japan@mercer.com

グローバルM&Aコンサルティング部門
Tel: 03-5354-2037 MA.japan@mercer.com
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。