logo

パイオニア 「メディカル&イメージングEXPO 2013」に出展

~イメージング技術を医療現場へ応用~

 パイオニア株式会社は、4月24日(水)からパシフィコ横浜で開催される「メディカル&イメージングEXPO 2013」に出展します。
「メディカル&イメージングEXPO」は、昨今、イメージング技術の医療用途への応用が拡大していることを受け、今回初めて開催される展示会です。当社ブースでは、医療機関での使用を想定したホログラムプリンターや有機EL照明、アーカイブ用ドライブなどを展示します。
 当社は、カーエレクトロニクス事業、ホームエレクトロニクス事業に続く新規事業として、医療・健康機器関連分野への参入を進めており、保有するさまざまな技術を医療関連分野で応用・実用化し、次世代を担うコアビジネスとして育成していきます。


【「メディカル&イメージングEXPO 2013」概要】
開催期間 : 2013年4月24日(水)~26日(金) 10:00~17:00
場所    : パシフィコ横浜 展示ホール
        (「OPTICS & PHOTONICS International Exhibition 2013」会場内)
公式サイト : リンク

【パイオニアブース】 F-10

【主な出展内容】
1) ホログラムプリンター&3D胎児エコーホログラム(参考出品)
 美しい立体画像が表現可能なリップマンホログラムを簡単に印刷できる小型プリンターを参考出品します。また、超音波・CT・MRIなどの撮影データを3D化した画像をホログラムに印刷する技術で、胎児の3D画像をホログラム印刷し、出産の記念となるような用途を提案します。

* ホログラムの記録媒体は、バイエル マテリアルサイエンス株式会社提供のバイフォール(R)HXを使用しています。
* 胎児の3D画像データは、GEヘルスケア・ジャパン株式会社の提供です。

2) 医療現場向け有機EL照明(タカハタ電子社製)
 パイオニアの有機EL照明パネルが光源として採用されている、タカハタ電子社製の「看護師携帯用照明」と「診療・ベッドサイド用照明」を展示します。面発光ならではの均等でやわらかい光で医療現場をサポートします。

3) 長期アーカイブ用BDドライブ(パイオニア製)&ディスクデュプリケーター(セイコーエプソン社製)
 医療画像データや電子カルテなど、長期保管義務のあるデータの保管に適した業務用BDドライブ「BDR-PR1」(パイオニア製)を出品します。また、「BDR-PR1」が搭載され、CT・MRIなどの画像データの配布や医療データの長期保存用に医療機関で利用されているディスクデュプリケーター「PP-7050BD」(セイコーエプソン社製)を展示します。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。