logo

安否確認システムとして使える「あんしん連絡網 You-OK」のユーザ数が震災前から46倍となり、10,000名を突破!

株式会社ラビックス 2013年04月17日 13時30分
From PR TIMES

株式会社ラビックス(本社:宮城県仙台市 代表取締役社長:藤岡岳之 以下、弊社)が運営するメール連絡網サー
ビス「あんしん連絡網 You-OK(以下、You-OK)」は、2013年4月15日、利用者数が10,000名を突破いたしました。
様々な企業や団体でこのような緊急連絡網システムや安否確認システムが必要とされているのがわかります。



【あんしん連絡網 You-OKとは?】
ずっと使える安否確認システム・緊急連絡網システムをリーズナブルな価格で提供することにより、すべての会社・団体に緊急連絡網・安否確認システムを届けたいという思いから2010年にサービスを開始しました。
携帯電話・パソコンのメール機能を利用し、簡単な操作で、すばやく全員へ連絡できるメール連絡網クラウドです。一斉連絡から回答・集計まですべてを携帯電話から行うことができます。普段は連絡網や会議の出欠のアンケートとして利用できる他、緊急時は安否確認システムとして機能します。東日本大震災でも停止することなく、迅速な社員の連絡網などとして利用されました。


【You-OKの3つのポイント】
■低価格で導入できる
You-OKは低価格で導入できるように非常に低価格で利用できる設定になっております。これは様々なところを自動化してコストがかからないような仕組みにしているためです。決して低機能なわけではありません。

■緊急時でも連絡をとれる
緊急時は携帯電話の回線が混線します。そのような時にもっとも早く一斉に連絡を取りやすい方法が、携帯メールでYou-OKのアドレスを一斉配信する方法です。メールが届いたあとは、メールを使わずに連絡をとりあうことが可能になります。

■連絡網として完結している
You-OKは一斉配信して返信したあとに情報を共有する機能やダイレクトメッセージ機能があり、緊急時の連絡網として完結しております。You-OKさえあれば、安否を確認できたが、その後の指示をできないことや、情報を共有したいけど、手段がないといったことがなくなります。


【さまざまな会社や学校などに導入】
震災後、さまざまな会社、学校などに導入されており、現時点で10,087名、1048グループに導入されております。一例として、主婦と生活社、 オフィスベンダー、横手市立大森病院、 北秋田市立合川小学校、北秋田市立鷹巣東小学校、米沢幼稚園など多数の利用実績があります。


【株式会社ラビックスについて】
福島大学発ベンチャーとして、2002年に代表取締役藤岡岳之が大学関係者11名より出資を受け、起業しました。
2005年に安否確認システムe-安否をサービス開始し、2010年に「あんしん連絡網 You-OK」をサービス開始しております。緊急連絡網システムは7年の実績があります。
2007年には福島商工会議所の優良企業表彰を受賞しております。2011年12月に、東日本大震災の影響で、福島市から仙台市に会社を移転しました。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ラビックス担当広報チーム 今野・藤岡
TEL / FAX 022-393-9099 / 022-393-9098
〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-9-2 浜屋ビル2号館 4F

あんしん連絡網 You-OK: < リンク >

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。