logo

◎NEAアジア担当のパートナー兼マネジング・ディレクターにチャン氏

New Enterprise Associates, Inc. 2013年04月17日 13時55分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎NEAアジア担当のパートナー兼マネジング・ディレクターにチャン氏

AsiaNet 52755
共同JBN 0435 (2013.4.17)

【メンロパーク(米カリフォルニア州)2013年4月17日PRN=共同JBN】世界的に主要なベンチャーキャピタルの一つであるNew Enterprise Associates, Inc.(NEA) (リンク )は、インドを除くアジア地域担当のパートナー兼マネジング・ディレクターにカルメン・チャン(Carmen Chang)氏を選任した。同氏の担当職務は新設のポストで、アジアに積極的に投資を行うとともに、アジア域内の重要な市場で営業、ビジネスを展開している米国内での投資先企業をサポートする統一的世界的機構を構築する-というNEAが焦点をあてている戦略を反映したものである。

チャン氏は昨年、スペシャル・シニアアドバイザーとしてNEAに入社した。今後もメンロパークのオフィスを本拠とするが、1年の約4分の1は中国その他アジアの新興市場国で過ごすことになる見込み。当面は中国その他アジア市場における継続中のNEAのディールやブランドを管轄する。チャン氏はまたNew Enterprise Associates(北京)のマネジング・ディレクターであるシャオドン・ジャン氏と密接に連絡を取り、中国におけるNEAのプレゼンスを拡大することになっている。

NEAのジェネラル・パートナーで、中国における活動の責任者であるスコット・サンデル氏は次のように述べた。「過去10年にわたってNEAの世界的なプラットフォームを構築する上でわれわれは、強力に統合されたチームとして働くことが最良の道であることを学んだ。米国内での投資先はアジアに関与している企業が次第に増えてきており、同時に当社の中国における活動も拡大している。このため米国および中国双方における起業家を支援するNEAの強みをさらに強化できることが重要だ。カルメン・チャン氏は、米国向け投資、中国におけるパートナー探しの面で広範囲に尊敬を集めているパイオニアで、すでにNEAの米国および中国双方の活動に深く関与している。今回の人事異動によってチャン氏の役割を公に認めることにわれわれは興奮を覚えている」。

NEAが中国に最初に投資したのは2003年で、2005年には中国におけるプレゼンスを確立した。現在では北京と上海に事務所がある。各業種、さまざまなステージにある30社を対象にNEAの投資額は4億ドルを上回っており、投資先企業としてはSMIC、Spreadtrum、CITIC Pharmaceuticals (Shanghai Pharmaが買収)、LianLian Pay、Uni-Power Groupなどがある。


昨年NEAに入社する以前のチャン氏は、Wilson Sonsini Goodrich & Rosati (WSGR)でパートナーを務め、WSGRの中国業務を率いていた。チャン氏は中国で多くの将来性のある技術関連取引、企業に関わり、China Netcomでは初の外国人投資家となったほか、レノボ、Foxconn、Google、テンセント、Netease、CEC、China Mobile(中国移動通信) その他の企業に投資を行った。またSMICやSpreadtrumその他の新規株式公開を行ったほか、多くの買収、合併案件も手がけた。

NEAでの職務に加えチャン氏は、スタンフォード大学国際安全保障・協力センターのメンバーで、スタンフォード大学法科大学院とスタンフォード大学ビジネス・スクールが共同で進めているRock Center for Corporate Governanceのフェローでもある。このほかチャン氏は、微小部品の製造企業としては世界で最も垂直統合が進んでいる企業の一つのAAC Technologies Holdings, Inc.の取締役会にも名を連ねている。

▽NEAについて
New Enterprise Associates, Inc. (NEA)は、さまざまな段階、業種、地域にわたって変化をもたらすビジネスを始めようとする起業家支援に焦点をあてている主要なベンチャー・キャピタル企業である。NEAへの出資が約束された資本額は約130億ドルで、これをもとにNEAはまだ芽生えたばかりから株式公開にこぎつけるまでさまざまな成長段階にある技術、ヘルスケア関連企業に投資を行っている。これまでのNEAの実績をみると、株式公開を行った当社の投資先企業は175社以上で、買収は295社以上あり、この中にはData Domain、CareerBuilder、Diapers.com、Fusion-io、グルーポン、Juniper、Macromedia、Salesforce.com、TiVo、Workdayなどがある。NEAは米国内で首都ワシントン、カリフォルニア州メンロパークの2カ所に事務所があり、 New Enterprise Associates (India)はインドのバンガロールとムンバイに、New Enterprise Associates (Beijing)は中国の北京と上海にそれぞれ事務所を構えている。より詳しい情報はリンクを参照のこと。

▽問い合わせ先
New Enterprise Associates: Kate Barrett,
+1-301-272-2318;
kbarrett@nea.com

ソース:New Enterprise Associates, Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事