logo

◎Pinkertonがリスク管理サービスの新ウェブサイトを立ち上げ

Pinkerton 2013年04月17日 12時05分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Pinkertonがリスク管理サービスの新ウェブサイトを立ち上げ

AsiaNet 52754
共同JBN 0431 (2013.4.17)

【パーシッパニー(米ニュージャージー州)2013年4月17日PRN=共同JBN】Pinkerton(ピンカートン、リンク)はこのほど包括的でナビゲートが容易なウェブサイト(www.pinkerton.com)を立ち上げ、大小の組織に向けた非常に貴重なセキュリティーおよびリスク管理リソースを提供する。Pinkertonは6大陸にオフィスを持ち、企業のリスク管理で世界をリードし、世界の大手企業の多くが信頼するパートナーだ。

Pinkertonは同社ウェブサイトを完全に作り直し、かつ拡張して拡大をつづける同社の能力を反映できるものとした。同社は現在、世界中でより多くの顧客に対してより包括的なリスク管理サービス、ソリューションを提供している。さらに同社ウェブサイトは企業が現在進行中および近い将来のセーフティ、セキュリティー、リスク関連の状況に対処するための手助けをするPinkertonの能力にスポットライトを当てるだけではなく、顧客が将来のリスク環境に向けた計画作りを手助けする同社の戦略的リスク管理に対する知識を利用することもできるようになっている。

Pinkerton社長のジャック・ザフラーン氏は「当社の新ウェブサイトを見れば、現在および未来の顧客も当社が現在提供している非常に幅広いサービスを容易に理解してもらえるようになっている」として次のように述べた。「当社としては企業の安全、リスク管理のプロたちがなるべく容易に当社にアプローチできるようにして、当社が持つ幅広い経験、世界的なリソースのネットワークを使ってそれぞれの地元、地域、グローバルなリスク問題を解決してもらいたい」

新ウェブサイトの主な機能の一つは包括的な「Business Intelligence Reports(ビジネスインテリジェンス・リポート、リンク)」および「Alerting Notifications(警報通知)」を契約できるようにしたことだ。Pinkertonの「Intelligence Reports」は毎日または週単位、あるいは必要に応じて発行され、顧客の最大関心事である特定の世界の動きや大きな出来事を特記するものになっている。Alertingは電子メールまたはSMSテキストを使った警報通知で契約者に対して企業活動に影響を与える恐れのある差し迫った、あるいはすでに起きているイベントや状況をしらせるもの。

またPinkertonのウェブサイトでは同社の拡大するサービスを、「災害・イベントリスク」「事業・物的リスク」「市場・経済リスク」「技術・情報リスク」の4主要分野に分けて見ることができる。分類を簡略化したのは具体的なサービスやソリューションを探すことを迅速かつ容易にするためである。

ザフラーン社長は「当社はリスクのプロたちの時間は貴重だということを知っている。今回サイト設計したおもな目的の一つは忙しいプロたちが必要とする解決策や連絡先にできるだけ効率的に到達できるようにすることだ。新サイトはこのミッションを果たせると考えている」と述べた。

▽Pinkertonについて
Pinkertonのルーツは1850年にアラン・ピンカートン氏がPinkerton National Detective Agency(ピンカートン探偵社)を創立したことにさかのぼる。今日では、Pinkertonはさまざまな組織に対してセキュリティー・コンサルティング、調査から要人警護、雇用調査、セキュリティー情報まで広範囲な企業リスク管理サービスを提供している。Pinkertonは世界中に従業員およびオフィス(リンク)を持ち、世界中の顧客および資産の保護に関して比類のない定評を持っている。

ソース:Pinkerton

▽問い合わせ先
Julie Kabanuk,
+1-312-521-6603,
julie.kabanuk@pinkerton.com


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。