logo

雪山の世界に“フリーミアム”導入! 全国136カ所のゲレンデが19歳無料!『雪マジ!19 ~SNOW MAGIC~』2012年度結果報告

株式会社リクルートライフスタイル 2013年04月16日 15時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 北村吉弘) に設置された観光に関する調査・研究機関「じゃらんリサーチセンター、以下JRC」は、この冬、2季目となるスキーエリア再活性化のための若者需要創出プロジェクト『雪マジ!19 ~SNOW MAGIC~』を企画・実施いたしました。このプロジェクトでは、JRCの呼びかけに賛同した日本全国136カ所のゲレンデと連携し、2012年度中19歳の男女(※)のリフト券代を無料に。スノーアクティビティ業界にとって最も重要なエントリー層と考えられる「19歳」層を対象にコミュニケーションを展開し、スノーエリア再活性化を目指しました。本取り組みの2季目の結果についてご報告いたします。3季目となる来冬も、本プロジェクトを継続実施いたします。
(※)1993年4月2日~1994年4月1日生まれ、リフト券無料のためには事前にネットでの会員登録(無料)が必要

――――――――――――――――――――
■2012年度「雪マジ!19歳会員」登録数10万7,961人(4月9日時点)、ゲレンデ延べ動員数34万6,554人(推計)。
 会員の9割が来訪、平均来訪回数3.21回と来訪率が高い
――――――――――――――――――――

●「雪マジ!19」会員登録者10万7,961人のうち、9割が今冬ゲレンデへ行ったと答え(右グラフ参照)、来訪0回層を含む平均ゲレンデ来訪回数は3.21回と、高い来訪率の結果となった。結果「雪マジ!19」によるゲレンデ来訪延べ人数は約34.6万人(※1)となった。

(※1) 「雪マジ!19」会員10万7,961人×平均来訪回数3.21回=34万6,554人

――――――――――――――――――――
■「雪マジ!19 」によって、19歳層のゲレンデ延べ動員数12.6万人を新規創出(推計)
――――――――――――――――――――

●「雪マジ!19」による延べ来訪者数約34.6万人のうち、この企画により創出された新規需要を12.6万人と推計(※2)。従来の19歳によるスノーアクティビティ市場(推計延べ28万人)に対し約45%の需要創出効果に相当する。

(※2) 「雪マジ!19」会員10万7,961名×1.17回
(「雪マジ!19」会員の平均来訪回数3.21回-通常の19歳平均来訪回数2.04回(※3))=12万6,314人

<参考:19歳のスノーアクティビティ市場(推計)>
19歳人口 <A> 121万人
19歳スキースノーボード実施率(※3) <B> 11.70%
19歳の1シーズンのスキー場来訪回数(※3) <C> 2.04回
19歳のスキースノーボード実施者数(ユニーク) <A×B> 14万1,570名
19歳のスキー場述べ来場者数 <A×B×C> 28万3,140名

――――――――――――――――――――
■リフト券無料でもスキー場内でのレンタルや飲食、スキー場周辺での消費活動があり、フリーミアムを実現
――――――――――――――――――――

●本プロジェクトは、フリーミアムビジネスモデルをゲレンデへ応用し、市場拡大と利益拡大を目指した。今季スノーアクティビティを開始した19歳層が来年は有料で来訪することと、来訪した19歳層が「レンタル」「スクール」「宿泊」「飲食」などゲレンデ内や、ゲレンデ周辺で消費をおこなっている。

●また、今冬の「雪マジ!19」会員に対し、来冬のゲレンデ来訪意向を5段階評価で訪ねたところ96.4%が最も強い意向である「 (雪マジ!19が無くても)ゲレンデに是非行きたい」と回答している。


▼リクルートライフスタイルについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。