logo

「パスワードを忘れてしまった・・・」そんな時の“秘密の質問”毎回変えている人は何%?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年04月16日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する、IT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

今回は「パスワードを忘れた時の秘密の質問、毎回変えている?」、「会議の議事録を担当する際、ホワイトボードに書かれた内容を写真に撮ったことはある?」の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■お題1:パスワードを忘れた時の秘密の質問、毎回変えている?
――――――――――――――――――――
変えている・・・33%
いつも同じ・・・67%

パスワードを忘れたときに役立つ「秘密の質問」ですが、設定のたびに「変えている」という人は33%、「いつも同じ」という人は67%という結果になりました。サイトやサービスごとに「秘密の質問」が多数あるので、いちいち変えていると記憶できないというのが「いつも同じ」派の言い分のようです。質問の答えを忘れては困りますが、いつも同じで推測されてしまうのも難があると思われます・・・。一方の「変えている」派も、秘密の質問の数多さに戸惑ってはいるものの、いくつかの質問と答えをやりくりして、なんとかしてパスワードを忘れた場合の救済手段として備えているようです。最終的にはパスワードを忘れないのが一番ということになりますが、それは難しい話なのかもしれません。

<コメント(一部抜粋)>
【「変えている」派のコメント】
●4種類くらいの質問をループさせて使っています。これだと質問を忘れることもなくなるので。(30代・男性)
●秘密の質問の答えを、なかなか思い出せないことがあります。(30代・女性)
●出身地、幼稚園や小学校の名前、初恋の相手の名前・・・。思い出の掘り起こしに使っています。(40代・男性)

【「いつも同じ」派のコメント】
●どんな質問に対しても、自分の名前をひらがなで入力しています(50代・男性)
●母の旧姓が珍しいため、これを使っています。(50代・男性)
●「一番好きな食べ物は?」「一番好きな映画は?」など、その時々で変わる可能性がある項目ばかりだと、イザというときにわからなくなるので、必然的に不変な質問に限られてしまいます。(20代・男性)


▼その他の「変えている」派、「いつも同じ」派の理由はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
■お題2:会議の議事録を担当する際、ホワイトボードに書かれた内容を写真に撮ったことはある?
――――――――――――――――――――
ある・・・64%
ない・・・36%

会議の議事録担当のとき、ホワイトボードの板書を写真に撮ったことが「ある」と答えた人は64%、「ない」と答えた人は36%という結果になりました。大きな分岐点は、ホワイトボードにプリントアウト機能が搭載されているか否かというところのようです。更に社内での写真撮影が許可されているか禁止されているか、という点でも回答が分かれました。「ある」派は、プリントアウト機能が故障しているから仕方なく・・・というケースが多いようです。また、図を含んだ板書の場合に撮影のほうが容易にメモできるというコメントも。「ない」派は、社内撮影が不可でプリントアウト機能がちゃんと機能している場合がほとんどです。また、ノートPCなどで速記するスキルを持っている人も少なくないようです。面倒な議事録を写真に撮って済ませたいという願望は多そうですが、なかなかそうはいかないのが現実なのでしょうか。


<コメント(一部抜粋)>
【「ある」派のコメント】
●文字だとメモできますが、図の場合は写真で撮った方が他のメンバーに展開するときに伝わりやすいので。(20代・女性)
●印刷できるホワイトボードのはずなのに、プリンターが壊れていたり、トナー切れだったりで印刷できた試しがない。高い使用料を付け替えられているのに。管理部門けしからん。(40代・男性)
●色々な方が撮るので、かわいい字で書くようにしています。(30代・男性)

【「ない」派のコメント】
●速記とまでいわなくても、話を聞きながら発言録をメモする能力を身に付けたら不要です。(40代・男性)
●出力、保存が必要な打ち合わせの場合はプリント機能付きのホワイトボードを使う。(30代・男性)
●撮影許可が必要です。カメラを自由に使える会社なんてあるの・・・?(50代・男性)


▼その他の「ある」派、「ない」派の理由はこちら
リンク


<調査概要>
○調査期間:2013年3月21日~2013年3月27日
○有効回答数:551
○調査対象:キーマンズネット会員


――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、IT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。
3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の“いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、
製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから
◆今から私物のPCを買うなら、OSは…Windows 8か7、どちらが多かった!?
リンク

◆電話帳データ消去…機種交換やアップデート時に経験アリは何%?
リンク

◆仕事のプロジェクトで管理する側 VS される側、本音はどちらがいいと答えた人が多かった!?
リンク

◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
リンク

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。