logo

【下田海中水族館】 バックヤード「魚ぎょラボ」を巡る“キンメダイの全貌” 早わかりツアー新登場!!

藤田観光株式会社 2013年04月15日 18時04分
From Digital PR Platform


下田海中水族館(所在地:静岡県下田市3丁目22-31 総支配人:中野 浩一郎)は、4月28日(日)より、魚の研究や治療などを行うバックヤード施設を「魚ぎょラボ」としてリニューアルし、新たにバックヤードツアーを開始いたします。

このたび開始するバックヤード「魚ぎょラボ」ツアーは、魚のことを知り尽くした水族館のスタッフが、展示水槽の裏側や餌の準備風景など、普段は見ることのできない水族館の裏側をご案内いたします。 さらに、日本一の水揚げ量を誇り下田を代表する魚“キンメダイ”をテーマに据え、魚ぎょラボ内に「キンメダイ」にスポットを当てた展示スペースを併設し、生体展示と合わせてパネルによる、キンメ漁や乗船採集で使用する道具・輸送コンテナの展示を行います。

深海魚のキンメダイは、広く知られた魚であるにも関わらず、その生態等は未だに多くの謎に包まれた魚です。
キンメダイの水揚げ日本一の港として有名な下田港に一番近い地元の水族館として、このキンメダイを通じて、水族館の日々の仕事や飼育の工夫などを紹介し、より深く水族館を楽しんでいただけるような場をご提供してまいります。

【下田海中水族館 バックヤード「魚ぎょラボ」ツアー概要】
実施日:4月28日~5月6日 時間:1回目11:20~ 2回目15:20~ 所要時間:約20分
料金:お一人様100円 (通常500円のところオープン記念特別価格) ※入館料別途
定員:1回 20名
お問合せ:下田海中水族館 0558-22-3567 (8:30~17:30)

魚ぎょラボとは:下田海中水族館のバックヤード施設で、新たに入荷した生物の収容スペース、魚の治療、展示用に魚をストック、繁殖への取り組み・研究などの総合施設です。特に地元下田港が日本一の水揚げ量を誇るキンメダイの研究基地としても役割を果たしてまいります。

※4月27日(土)13時30分に、下田市自然体験活動推進協議会“伊豆海洋自然塾”の皆様を招待し、「魚ぎょラボツアー」を開催致します。
お時間に合わせて取材にお越しくださいますようお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。