logo

Sidenseの契約獲得:米国連邦巡回控訴裁判所、地方裁判所の決定を支持

Sidense Corp. 2013年04月15日 10時30分
From JCN Newswire

巡回控訴裁判所は一言の意見で、Kilopassからの特許訴訟でSidenseが非侵害という略式判決と、KilopassからのSidenseに対する残りすべての訴訟の免訴を「支持」

OTTAWA, ONTARIO, Apr 15, 2013 - ( JCN Newswire ) - Logic Non-Volatile Memory (LNVM) OTP IPコアの大手開発会社のSidense Corp.は、米国連邦巡回控訴裁判所の裁判官団が、地方裁判所カリフォルニア北部管区がKilopassの特許訴訟に対して非侵害と決定した略式判決と、Sidenseに対する訴訟の残りの案件すべてを棄却したことを、本日発表しました。これは、Sidenseの明確で絶対的な勝訴を意味しています。米国裁判所は今回で略式判決2回、しかも控訴において、KilopassによるSidenseに対する告訴にはまったくメリットがないという同社の主張に同意しました。

「この告訴がSidenseを脱線させようとするメリットのない行動であることや、同社の技術や市場について、疑ったことはありません。」と、Sidense社長兼CEOのXerxes Waniaは述べました。「彼らは失敗し、我々は勝利しました。」

Sidenseの訴訟代理人で、Kilpatrick、TownsendおよびStocktonのパートナーのRoger Cookは、満足しました。「Illston判事は、特許侵害訴訟において、4つの別々の理由でSidenseに有利な判決を下しました。それぞれの理由には適正な根拠があり、Kilopassの侵害訴訟を無効化するのに十分です。控訴の結果には疑いがありません。特許侵害訴訟を40年以上扱ってきましたが、この件は際立っています。Sidenseは、不誠実で根拠のない特許訴訟を根拠に、Kilopassから弁護士費用を回収することに努めており、十分にその資格があります。この種の反競争的訴訟に関与する企業は、その代価を払う必要があります。」

Sidenseは訴訟に勝つと確信しながら、最先端の28および20nmシリコン加工ノードで進歩を続けてきました。Sidenseは訴訟の間に、お客様、パートナー、投資家、従業員などのゆるぎない支持を示しながら、小型かつ高速で、他のOTP技術より低い電力を必要とする業界トップクラスの1T-OTP組み込みNVM技術の記録的売上を達成しました。

Sidense Corp.について

Sidense Corp.は、追加マスクまたはプロセスステップを必要とせずに、標準論理CMOSプロセスに使用できるセキュアで高密度で信頼性の高い不揮発性のOTP (one-time programmable)メモリIPを提供しています。同社の革新的なワントランジスタ1T-Fuse(TM)アーキテクチャは、業界最小のフットプリント、最高の信頼性、および最小の消費電力LNVM (Logic Non-Volatile Memory) IPソリューションを提供しています。Sidense OTPには取得済みおよび申請中の特許が100件以上あり、多くのOTPとMTPアプリケーション内の、Flash、マスクROMおよびeFuseに、現場でプログラムできる代替ソリューションを提供しています。

Sidense SiPROM、SLPとULPメモリ製品は、250社以上のお客様の設計に組み込まれており、上は180nmから下は28nmまで利用可能で、20nm以下に拡張可能です。

このIPは、大手半導体メーカーすべてと厳選されたIDMにより、採用されています。お客様は、アナログトリミングやコードストレージ、暗号キー(HDCP、WHDI、RFID、Chip IDなど)、医療、自動車、構成可能なプロセッサとロジックなどに、Sidense OTPを使用しています。さらに詳しい情報については、 www.sidense.com リンク をご覧ください。

お問合せ情報
メディア問合せ先:
Susan Cain
Cain Communications (Sidense担当)
電話: +1-503-538-2747
メール: scain@caincom.com

Jim Lipman
Sidense
電話: +1-925-606-1370
メール: jim@sidense.com

概要:Sidense Corp.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事