logo

◎Case-MateがSamsung Mobile Accessory Programパートナーに選ばれる

Case-Mate 2013年04月11日 13時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Case-MateがSamsung Mobile Accessory Programパートナーに選ばれる

AsiaNet 52701
共同JBN 0411 (2013.4.11)

【アトランタ(米ジョージア州)2013年4月11日PRN=共同JBN】スマートフォンとタブレット端末用の先端ファッションのモバイルアクセサリー創作で名高いCase-Mateは11日、同社がSamsung Mobile Application Partnership Program(SMAPP)の公式パートナーに指名されたと発表した。Case-Mateがパートナーに選ばれたのは、イノベーション部門での同社の実績とサムスン・モバイル・デバイス向けに広範な高品質製品を提供する能力に基づいている。

Case-Mateは、サムスン・モバイル・デバイス向けにファッションの先端を行くアクセサリーを幅広くデザインすることになる。Case-Mateのアクセサリーは長年にわたり最高水準の品質と外観であるとの定評を確立してきたが、これによって同社は細部にこだわった設計、エレガントな仕上げ、優れた素材によるつくりが見てわかるファッショナブルなアクセサリーをデザインするとの評価をいっそう高めることになる。

Case-Mateの創設者で最高経営責任者(CEO)であるシャシ・レディ氏は「Case-Mateとサムスンが新たに提携を結んだことによって、両社は急成長するサムスンの顧客層の要望をかなえていくことができる。われわれはサムスンと協力できることを誇りに思っており、サムスンの顧客が必要に応じて最適なケースを選択することを可能にするデザイン革新の歴史を積み重ねていく」と語った。

サムスン・モバイル向けにCase-Mateがデザインしたすべてのアクセサリーは、case-mate.comと世界中の大手小売店、モバイル・デバイス・プロバイダーで購入可能である。

▽Case-Mate(ケースメート)について
Case-Mateは流行の先端を行くモバイルテクノロジー向けアクセサリーのデザインで業界をリードしている。同社は2006年以来、モバイル機器を保護、装飾、強化する製品で、消費者が自分のスタイルを表現する手助けをしてきた。技術、デザインに凝るCase-Mateのチームは、世界のトップ・デザイナーと共同し、先端素材を使って、あらゆるスタイル、状況に応じたモバイル、タブレット機器ケースの幅広いラインアップを開発してきた。詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。Twitterは(@CaseMate)でフォロー、Facebook「いいね」は(www.facebook.com/CaseMate)で。

▽サムスン電子(Samsung Electronics Co., Ltd.)について
サムスン電子は、世界の人々の新しい可能性を開くテクノロジーの世界リーダーである。絶え間ないイノベーションと発明を通じて、同社はテレビ、スマートフォン、パソコン、プリンター、カメラ、家電製品、LTEシステム、医療機器、半導体、LEDソリューションの世界を変革している。同社は79カ国で23万6000人を雇用し、年間売り上げは201兆ウォンを超える。詳細はウェブサイトリンクを参照。

▽SMAPPについて
SMAPP(Samsung Mobile Accessory Partnership Program)は、通信、デジタルメディア、デジタル・コンバージェンス技術、半導体の世界リーダーであるサムスン電子に認定された高い技能を有する業界専門家と協力することによって、Samsung Mobileのアクセサリー・ポートフォリオを強化する。SMAPPは、Samsung Mobileの最先端技術を取り入れた付加価値アクセサリーに対する高まる顧客ニーズに応える。SMAPPはそのパートナーの専門的技術、デザイン、優れたポートフォリオを通じて、革新、価値、大きな顧客満足度を提供する。SMAPPのアクセサリーはパッケージに「Designed for Samsung Mobile」の認証ロゴが添付され、同製品がサムスン・モバイル・デバイスに接続するように設計され、サムスン性能基準を満たす認証を取得していることを表している。

ソース:Case-Mate

▽問い合わせ先
Vincent Young,
Vincent.Young@case-mate.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事