logo

ビジネス世界周遊「Wi-Ho!」の対応エリア拡大! アフリカをメインに19カ国追加し、WiFiルーター1台で世界102カ国対応に

国際モバイル通信機器レンタルサービス最大手の、株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)は2013年4月10日から海外用モバイルWi-Fiルーター「Wi-Ho!」(以下、ワイホー)のビジネス世界周遊の利用可能エリアを拡大しました。新たに利用できるようになったのは、アフリカの11カ国を含む計19カ国です。本サービスは、Wi-Fiルーター1台で複数カ国利用でき、今回のエリア拡大で、世界102カ国での利用が可能となりました。



■データ通信量が豊富な、周遊タイプのWi-Fiルーター

ビジネス世界周遊Wi-Ho!は、1台で複数カ国使えるWi-Fiルーターです。一般的なWi-Fiルーターは、2カ国以上で使用する場合、データ通信量の上限が低くなります。その問題を解消したのが、本商品です。データ通信量の上限がなく、海外出張など頻繁にインターネットを使う場面でも、十分なデータ通信量を確保しています。そのメリットに着目され、今年1月10日の日経産業新聞に、本サービスを企画した商品グループのマネージャーのケラン・ニコラの取材記事が掲載されました。

昨年9月に商品リリースをした際は、利用可能エリアはアジアや欧州、北中南米の76カ国で、アフリカではほとんど使えませんでしたが、今後はアフリカのケニアやナイジェリアでも使えるようになりました。当社は今回のエリア拡大でさらなる需要を喚起できると考えています。


■新規利用可能エリア

<アフリカ>
ウガンダ・ガーナ・ケニア・コンゴ共和国・コンゴ民主共和国・セーシェル
・タンザニア・ナイジェリア・ブルキナファソ・マダガスカル・レユニオン

<北中米・カリブ海>
バミューダ諸島・プエルトリコ

<南米>
メキシコ

<アジア>
パキスタン・タジキスタン

<ヨーロッパ>
アイスランド・フェロー諸島・ブルガリア

※すべての利用可能エリアは下記ウェブサイトでご確認ください
リンク


【商品の概要・申し込み】
・商品名: モバイルWi-Fiルーターレンタル
   「Wi-Ho!(ワイホー)」ビジネス世界周遊
・データ通信料金: デイリー 2, 400円/日(不課税)

・当社専用ウェブサイトからの予約
 リンク
・成田空港・羽田空港・関西空港・中部国際空港・福岡空港の
 テレコムスクエアのカウンターにて、当日レンタル可能


■会社概要
テレコムスクエアは21年にわたり、世界のモバイル通信機器をレンタルしています。過去1年間で約30万人という、業界で最も多くの方にご利用いただいている老舗です。成田・羽田・関西・中部・福岡空港に全12カ所の店舗・カウンター、24時間365日対応のサポートセンター、Pマーク取得の成田オペレーションセンターを、総勢300名の自社スタッフにより運営しています。


社名:株式会社テレコムスクエア
代表者:代表取締役社長 吉竹 雄次(よしたけ ゆうじ)
本社:〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル
従業員:268人(2013年1月1日現在)
設立:1974年(昭和49年)3月28日
事業内容:情報通信機器のレンタル・販売・コンサルティング
直営空港カウンター:成田空港・羽田空港・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港など計12ヶ所


■お客様からのお問合わせ先
株式会社テレコムスクエア
TEL:03-3239-2333
FAX:03-3239-2444
e-mail:info@telecomsquare.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事