logo

◎BLIAの星雲師らが誠実と高潔について議論 ボアオ・アジア・フォーラム

Secretariat of the Boao Forum 2013年04月10日 11時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎BLIAの星雲師らが誠実と高潔について議論 ボアオ・アジア・フォーラム

AsiaNet 52683
共同JBN 0397 (2013.4.10)

【北京2013年4月9日PRN=共同JBN】アジアにソフトパワーの認識が広がるなかで、誠実と高潔の価値が危機に陥っている。国際仏光会(Buddha’s Light International Association、BLIA)創立者の星雲師は、香港Phoenix TVの劉長楽会長とともに、2013年4月6日、ボアオ・アジア・フォーラム(BFA)の場で誠実と高潔の力について議論するため招かれた。彼らは議論の場で、なぜわれわれはこれまで必死で維持してきた理想や理想主義をしゃにむに切り捨てたのか、なにが間違っていたのか、そしてそこから抜け出す道は何か、といった問題に解答しようと試みた。

(Photo: リンク

星雲師は、誠実と高潔が失われることによって社会のすべてが傷つくと考えている。彼は「中国語のhonesty(誠)の文字は言葉と成功からできている。この文字は、もし成功を求めるなら約束を守り実行すべきであることを意味している」と指摘した。中国の哲学者のほとんどは孔子、孟子、老子を含め誠実と高潔の価値を信じており、仏教徒もそうである。星雲師は、人はすべて他人に求めるより先に廉直であろうとすべきでなければならないと考えている。かれは誠実と高潔がその人の価値の尺度となると強調した。

最近の調査は、人がますます他人を信じられなくっていることを示している。近年、警察と市民、医師と患者、企業と顧客の間の緊張や衝突がまれなことではなくなっている。

一国の隆盛は経済成長以上のものに基づいている。その国の文化的魅力、つまりソフトパワーが時に大きく影響する。劉会長は、誠実と高潔の喪失を政府と市民の関係、企業と顧客の関係、社会の人々の間の関係という3つのカテゴリーに分類した。一例を挙げると、これまで尊敬されてきた公務員、教師、医師に対する一般大衆の信頼は低下している。汚職が大衆の信頼を損なっている。劉会長はまた、マスメディアそのものの高潔に問題があるとして、この問題に早急に取り組むべきだと強調した。

BFAは非政府、非営利国際団体として、アジアの他の国の政府、企業、学会から多数のリーダーを招き、このダイナミックな地域と世界全体で最も緊急な課題に関する見方を共有するため、アジアの声を届けている。

ソース:Secretariat of the Boao Forum

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。