logo

「進化する標的型攻撃。ヒューマンハッキングの実態」セミナーを開催

- 情報セキュリティ対策に不可欠なソーシャル・エンジニアリングを海外の第一人者から学ぶ -

セキュリティ及び運用管理ソリューションの提供する株式会社アズジェント(所在地:東京都中央区 代表取締役社長:杉本隆洋 以下、アズジェント)は、官公庁、金融関係、一般企業の経営・マネジメント層、情報部門系管理者をはじめとしたセキュリティに携わる方々に、ソーシャル・エンジニアリング対策の必要性をお伝えすることを目的に、ソーシャル・エンジニアリングの第一人者によるヒューマンハッキングの技法に関するセミナー「進化する標的型攻撃。ヒューマンハッキングの実態」 を開催します。
5月24日(金)、ヒューリックホール(東京都台東区)にて開催、参加費は無料、定員は200名です。

日々、標的型サイバー攻撃、ボット感染や遠隔操作ウイルスによる情報漏えいなどのセキュリティ被害が多発しています。これらの攻撃については、IT技術を駆使した技術的手法が注目されがちですが、ソーシャル・エンジニアリングとよばれるヒューマンハッキングの技法が多数利用されています。どんなに優れたセキュリティ技術であっても、それを利用したり管理するのは人間です。そこで攻撃者は、人間の心理あるいは、行動における盲点やミスを突いて不正に情報を入手するソーシャル・エンジニアリングを行います。標的型攻撃やフィッシングなどはIT技術とソーシャル・エンジニアリングを組み合わせた攻撃です。このことからもソーシャル・エンジニアリング対策を行うことは情報セキュリティ対策の第一歩ともいえます。

本セミナーの講師は、かつて世界で最も有名なハッカーと呼ばれたケビン・ミトニック氏(※1)(現在はセキュリティ・コンサルタント会社を設立し、世界各国でセキュリティの啓蒙活動を実施中)、RSAカンファレンスやSANSなど著名なセキュリティカンファレンスで、ソーシャル・エンジニアリングの講演を手がけるソーシャル・エンジニアリング・フレームワークの第一人者クリストファー・ハドナジー氏に加え、当社のセキュリティ・センターフェローであるアズジェントの駒瀬彰彦が務めます。特にケビン・ミトニック氏の講演及びデモンストレーションは、「見て楽しめる」ショー的要素を盛り込んだヒューマンハッキングによる攻撃を体感できる構成となっており、企業のマネジメント層などIT技術に詳しくない方でも理解できる内容となっています。

※1 ケビン・ミトニック氏の講演・デモンストレーションは、米国からの生中継となります。

【セミナー概要】

進化する標的型攻撃。ヒューマンハッキングの実態
ソーシャル・エンジニアリングの第一人者が語る
~ケビン・ミトニック、クリストファー・ハドナジー、駒瀬彰彦~

主 催 :株式会社アズジェント

日 時:2013年5月24日(金)13:15~17:00 (受付開始 12:30~ )

会 場 :ヒューリックホール 東京都台東区浅草橋1−22-16 (リンク

定 員 :200名

参加費:無料

申込方法 :アズジェントホームページ (リンク) にて必要事項を入力の上、申込

お問合せ先:株式会社アズジェント セミナー事務局
(TEL:03-6853-7402 / E-mail:seminar@asgent.co.jp)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事