logo

数式処理技術が支える・変える 日本のものづくり力『Maple Techno Forum 2013』開催のお知らせ



6月4日(火)開催(東京・有明)
広がるアジア市場を見据え、中国、台湾でも順次開催!
数式処理エンジン「Maple」や複合領域物理モデルシミュレータ「MapleSim」を用いたユーザ事例発表、Maplesoft社による開発元講演など技術情報をご紹介します。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、6月4日(火)に東京コンファレンスセンター・有明にて「Maple Techno Forum 2013」(以下、「本フォーラム」)を開催いたします。

近年、ものづくりの現場を取り巻く環境は大きく変化しています。グローバル化による市場競争の激化によって、ものづくりの現場では市場への製品投入期間の短縮や、これまでにない高付加価値の製品開発が求められています。
市場投入までの時間を減らすためには、設計から製造までの手戻りを減らすことが重要です。先端の設計の現場では、上流から下流までを共通言語(数学的モデリング)で結ぶ取り組みが始まっています。また、既存製品のリモデルを超えた新たな付加価値を生み出すため、研究開発においては、理論(数学)を元にした新たなアプローチが進められています。

数学、数式処理はものづくりにどこまで役立つのか― 本年2月に開催いたしました「Mathematics for Industry シンポジウム」に続き、本フォーラムでは、より具体的なツール活用まで落とし込んだ内容となっております。

本フォーラムは、精密機器の制御や自動車部品のプラントモデリング(※1)など、数式処理技術をコアとするMaple製品を活用したものづくりについて、ユーザ事例紹介、サイバネット及びMaplesoftからの技術講演などを通じてその具体的活用法を探ります。

注釈
※1:プラントモデリング:シミュレーション対象となるモデルを作成すること。

======================================================================
Maple Techno Forumは世界へ
======================================================================
■ キーコンセプト「Think Globally, Act locally」


Maplesoftは、サイバネットグループとして、日本のみならず世界的に活動するインターナショナル企業への国を超えたサービス提供・コミットメントをあらわすと同時に、各国ではその国の産業・教育に密着し顧客ニーズに即したものを提供します。

詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク


「Maple Techno Forum」とは?
制御・最適化・モデリングなど様々な分野で最先端の数式処理技術(「Maple」・「MapleSim」(「Maple」を計算エンジンにしたモデリング&シミュレーションツール))が活用され、企業でのものづくりや大学での教育に役立てられています。
本フォーラムは「Maple」「MapleSim」のユーザ様より最先端の研究・教育事例、そして実際のものづくり事例を紹介していただき、その有用性について考察するフォーラムです。

======================================================================
開催概要(日本)
======================================================================
開催日時: 2013年6月4日(火) 10:00~16:10 (受付開始:9:30)
会場: 東京コンファレンスセンター有明 東京都江東区有明3-7-18 有明セントラルタワー4F
主催: サイバネットシステム株式会社
定員: 250名
参加費: 無料
お申し込み: Webサイトにて事前登録制 リンク

======================================================================
主なみどころ
======================================================================
■ 基調講演「非線形モデル予測制御における実時間最適化と数式処理」
京都大学大学院情報学研究科 システム科学専攻 教授 大塚 敏之 氏
各時刻でシステムの応答を最適化して制御入力を決定するモデル予測制御は、実時間での最適化計算さえ実現できれば、あらゆる問題に応用できます。近年、数値解法の進歩と計算機パワーの向上により、応答の速い非線形システムに対する適用が進んでおります。本講演では、最適制御の基礎から始めて、非線形モデル予測制御の数値解法と応用事例について解説させていただきます。また、数式処理を用いた自動コード生成についてもご紹介いたします。

■ 主なセッション内容
~自動車、制御などの活用事例や技術情報を紹介~
トヨタ自動車、日産自動車、日本IBM、日立ハイテクノロジーズ、本田技術研究所などのユーザ様による事例紹介、その他パートナー企業各社様や開発元Maplesoftによる技術講演などを予定しております。
また、展示コーナーでは、サイバネット及びパートナー各社様による製品やサービスをご紹介します。
※企業名は、五十音順に記載しております。

開催の詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

======================================================================
中国・台湾の開催スケジュール
======================================================================
本フォーラムは、中国3都市及び台湾1都市において、下記のスケジュールで開催いたします。各国の講演内容はローカルのニーズに合わせて、開催国ごとに異なったものとなっております。

詳細はポータルサイト リンク より、ご確認頂けます。

【中国】
北京 5/22(水)
武漢 5/24(金)
上海 5/28(火)

【台湾】
台北 5/30(木)

----------------------------------------------------------------------
サイバネットについて
----------------------------------------------------------------------
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

----------------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社
----------------------------------------------------------------------
●本フォーラムについて
システムCAE事業部 製品プロモーション部/前田
TEL:03-5297-3819 E-MAIL:med-info@cybernet.co.jp

●報道の方は
広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事