logo

◎レアル・マドリード専用のブラウザー Maxthonが発表

Maxthon 2013年04月09日 09時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎レアル・マドリード専用のブラウザー Maxthonが発表

AsiaNet 52656
共同JBN 0386 (2013.4.9)

【サンフランシスコ2013年4月8日PRN=共同JBN】クラウド技術のリーダーMaxthon (www.maxthon.com)は、英国のポップグループ、ワン・ダイレクションのファン向けに1Dウェブブラウザーを発表してこれまでの型を破った。今度は、そのMaxthonが革新的な新製品である「「Real Madrid Web Browser」(レアル・マドリード・ウェブブラウザー)をリリースしたことで、レアル・マドリードのファンは、スペインのサッカー国内戦、リーガ・エスパニョーラで32回のチャンピオンに輝き、欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンシリーズで9回優勝した同チームのクリスティアーノ・ロナウド、シャビ・アロンソらすべての選手が登場するウェブをネットサーフィンでき、チームの最新ニュースについても知ることができる。

Maxthonのレアル・マドリード・ブラウザーは以下からダウンロードできる。リンク

Maxthon Cloud Browserは、すべてのデバイスでシームレスな体験を提供し、iOS、Windows、Android、Macに搭載されたどのMaxthonブラウザーでも、ブックマーク、ノート、設定、履歴を同期させることができる。今後は複数のデバイスで複製作業をする必要はなくなる。もしそれが必要となるならば「イエローカード」ものである。このMaxthon Real Madrid Browserバージョンは、ファンがひいきのチームを観戦しながらウェブを見て楽しめるだけでなく、レアル・マドリードをレアル・マドリードたらしめるスピード、アジリティー、パワーを備えている。

Real Madrid BrowserはMaxthon Cloud Browserと同じように、以下の機能と性能強化を備えている。
 *スピード:Maxthon Cloud BrowserはいくつかのテストでGoogle Chromeをしのぐ結果を出している。ファンが承知しているとおり、ウェブはサッカーと同様スピードが重要である。
 *汎用性:Maxthonではどのウェブサイトも表示可能。サイトがなんと言ってこようと、ウェブサイトの性能を最適化するため特定のブラウザーを使用する必要はない。サッカー用語に言い換えれば、ヘディングであれキックであれ、どちらも同じように上手である。
 *最高の革新的体験:スクリーン・キャプチャー・ツール、広告ブロック機能、画面分割など現在市場に出回っている他のブラウザーにはないすべてが含まれている。
 *最高のビデオ、グラフィックス性能を備える。すばらしいResource Sniffer機能が備わっているため、ユーザーはYouTubeのビデオをダウンロードして後で見ることが可能。これもMaxthonだけが持つもう一つの付加価値である。
 *世界最高のHTML 5サポート。ウェブ開発でHTML 5技術が主流になってきており、Maxthonはこれを利用する。

Maxthonのカール・マットソン副社長(国際担当)は「当社のグローバル・コミュニティーは『サッカーが大好きだ』とはっきり言っている。当社のレアル・マドリード・ブラウザーはファンがチームを応援する楽しい方法のひとつである。さらにFCバルセロナとマンチェスター・ユナイテッドのバージョンも開発中である」と語った。

Maxthonのダウンロード:リンク

▽Maxthonについて
Maxthonはウェブブラウザーの速度、セキュリティー、簡便さとクラウド機能で常に新基準を設定し続けている優れたウェブブラウザーの開発を行っている革新的ソフトウエア企業である。そのブラウザーはWindows、Android、iOS、Macプラットフォームで利用できる。Maxthonはサンフランシスコ、ロサンゼルス、北京、上海、香港にオフィスがあり、世界150カ国以上で毎月1億2000万人以上にのぼる世界のコミュニティーが使用している。
Maxthonに関する詳細はリンクを参照。

▽問い合わせ先
Burson-Marsteller for Maxthon
Lowell Eschen
Lowell.Eschen@BM.com
+1-212-614-4081

ソース:Maxthon

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。