logo

◎EnStorage社が初の50KWグリッド接続HBrフローバッテリー製造

EnStorage 2013年04月05日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎EnStorage社が初の50KWグリッド接続HBrフローバッテリー製造

AsiaNet 52631
共同JBN 0370 (2013.4.5)

【テルアビブ(イスラエル)2013年4月4日PRN=共同JBN】大容量電力貯蔵ソリューションのデベロッパーであるイスラエルのEnStorage社(リンク)は4日、これまで初となるハイドロゲンブロマイン(HBr)によるグリッド接続フロー電池を製造したと発表した。50KWのこの電池は、イスラエル南部にある同社試験場で接続され、最高100KWhの電力を供給した。

 Photo: リンク

EnStorage Inc.社長のアルノン・ブルーム博士は「これは画期的な出来事であり、大容量製品に向かう第一歩である。われわれはこの50KW装置によって、当社顧客向けモジュラーと費用対効果のある電力貯蔵システムを供給するカギとなる複数のバッテリースタックを管理する能力をさらに高めた」と語った。

EnStorage Inc.は公共事業と大規模産業クライアントに費用対効果があり信頼できる貯蔵エネルギー手段を提供するというニーズから成長した。同社はコンセプト・シングルセル装置の1ワットのラボテストから、最近に操作を開始した複数スタックの完全システムにまで規模拡大を実現した。この期間中、システム部品は熱心なテストを受けて、1万サイクル以上の安定した操作可能であることを実証した。EnStorageの技術的成果はコアテクノロジー、材料、膜、操作を含む豊富なIPポートフォリオで支えられている。

EnStorageのフローバッテリーは、電力貯蔵用化学物質としてHBrとH2を利用する。これら材料が大量に存在することが、ほかのバッテリーに比べて化学物質のコストを95%まで減らし、市場で最も安価なフローバッテリーとなる。さらに、このバッテリーの独自のコンバージョンスタックは、他のバッテリーとの比較で3倍以上の出力密度を示し、コストを低く抑えることができる。

ブルーム博士は「われわれは電力貯蔵を容易かつ安価にすることで、エネルギーセクターが直面している大きな問題に対処することができる。EnStorageのバッテリーは、間欠性を除去することによって再生可能エネルギーを安定供給し、負荷平準化とピークシェービング(需要変動対策)要求に対するエネルギー利用率を調整し、給配電のアップグレードを延ばし、過度の負荷を直ちに救済し、グリッドの制約を即座に解決することができる。

EnStorageは最近この50KWユニットに成功した後、現在は150KW、6時間貯蔵可能な商用ユニットという次の段階の成果に向けて開発中である。

▽EnStorageについて
EnStorageは独自のフローバッテリー技術に基づく大規模エネルギー貯蔵装置を開発している。同社はWarburg Pincus、Canaan Partners、Greylock Israel、Wellington、Siemens TTBなど有力投資家の投資で支えられている。

さらに詳しい情報は以下を参照。
Itai Karelic,
Director of Business development
+1-917-445-1683
Email: Itai.karelic@EnStorageinc.com,
リンク

ソース:EnStorage

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事