logo

産業用コンピュータのアドバンテックが、将来を担う若手幹部候補人材育成プログラム“Advantech Elite(エリート)100TM (*1)” の導入を発表

近年、世界のさまざまな企業がグローバル市場における競争を勝ち抜いていくことを目指しており、経済の回復が期待される日本においても、より大きな成長の見込まれる海外市場を主戦場とする企業は益々増えてきています。しかし一方で、日本の若者は内向き志向であると言われて久しく、海外を目指したい企業が望む若手人材と職を求める学生や第二新卒が求める仕事環境との間にはギャップが生まれてきています。また、企業の人事採用においては、アグレッシブな外国人留学生と日本人学生との間で新たな競争構造が生まれ、日本の若者にとっての企業への就職はこれまで以上に厳しい環境となっています。

 アドバンテックの“Advantech Elite(エリート)100TM (*1)”は、中長期的な人材育成プログラムの一環として、アドバンテック本社が実施しているヤング・ビジネスエリート育成プログラムです。社会人経験5年未満の優秀な若い人材に、アドバンテックというグローバル企業の中でキャリアを積んでいただき、グローバルカルチャーの中で活躍していける未来のエリート幹部候補生として育成していくことを目的にしています。Advantech Elite(エリート)100TM (*1)の‘100’には、エリートの証である100点満点という意味と、より多くのエリートを育成していくという2つの意味が込められています。

本プログラムの導入にあたり、アドバンテック, 日本法人社長  マイク小池は、以下のように述べております。「本人材育成プログラムを導入することにより、日本に埋もれる多くの優秀な新卒学生や第2新卒の若者の中から、グローバルなビジネス環境で活躍したいという志をもった方を積極的に採用し、グローバルに通用する自社の幹部候補として育成していきます。 Advantech Elite(エリート)100TM (*1) プログラムを通じて、日本の将来を担う若者の国際競争力を高めていくことに貢献していきたいと考えています。」 

アドバンテックは、2013年度よりAdvantech Elite(エリート)100TM (*1)プログラムに基づいたの人材採用活動を開始しており、2013年4月22日には2回目の会社説明会を開催する予定です。
(*1) 2013年4月現在、登録商標申請中

■ アドバンテックについて  - インテリジェント・プラネットの実現が我々の使命です -
 台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界20カ国87都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。そして近年では、グローバルな物流IT市場で確固たる存在感を持つ独DLoG社や、カジノ向けゲーム機器の分野で実績のある英Innocore社をグループに取り込むなど、積極的なビジネス拡大にも取り組んでいます。
また、産業用コンピュータの分野において世界トップシェアを誇るAdvantechは、インテル社のインテリジェント・システム・アライアンス・プレミアパートナー、ならびにマイクロソフト社のWindows(R) Embedded Gold Partnerとして、最新プラットフォームに対応した製品を他社に先駆けて市場投入しています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現- が、我々Advantechの使命です。

アドバンテックに関する詳細な情報は、ウェブサイト リンク をご参照ください。

【報道関係者お問い合わせ先】
アドバンテック株式会社
担当 :矢島
電話 :03-6802-1021(内線4270)
Email:kenichiro.yajima@advantech.com

【その他のお問い合わせ先】
アドバンテック株式会社
電話 :0800-500-1055(フリーコール)
Email:ajp_sales@advantech.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。