logo

『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート 世界中から集まるグリーのエンジニアたちの技術力に迫る

株式会社リクルートキャリア 2013年04月03日 10時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』(リンク)は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
リンク

――――――――――――――――――――
■優れたエンジニアたちと一緒に仕事をする職場環境
世界中から集まるグリーのエンジニアたちの技術力に迫る
――――――――――――――――――――
優秀なエンジニアであれば国籍に関係なく、積極的な採用を行っていることで知られるグリー。エンジニアが働きやすい環境であるため、外国人エンジニアも高いパフォーマンスを発揮しており、日本人エンジニアたちも刺激を受けています。『Tech総研』編集部は、同社で活躍する外国人エンジニアたちに直撃インタビューしました。

韓国、フランス、バングラデシュ……グリーのソーシャルアプリやそれを支えるインフラ開発の最先端の現場で活躍する3人の外国人エンジニア。異文化のもとでの仕事は決して楽ではないにも関わらず、それ以上に彼らを魅了する働きやすさ、居心地のよさがグリーにはあるといいます。

バングラデシュ出身のラーマン氏は、仕事の関係で来日、その時点では「期間限定」のつもりでした。「バングラデシュの会社にいたとき、国内では開発できないものがあり、そのために日本で仕事をすることになったのです。最初は1年間だけのつもりでしたが、結局ビザを延長して本格的に日本で働くことにしました」

そして彼は日本でコンテンツ管理システムを開発する仕事に就きました。その後、もっと大規模な仕事にチャレンジしたいと、C#.netの大規模システムを開発する別の日本企業に転職。さらに「ソーシャルゲームがつくりたい」との思いから前職の職場へ移り、ソーシャルゲーム開発を担当。そしてグリーへと転職。

ラーマン氏はなぜグリーを選んだのでしょうか。「もっと、技術の勉強をしたいと考えていました。グリーはエンジニアの数が多く、優秀な人も多いと聞いていました。それに、チャレンジしたいことを自由に勉強させてもらえる環境だということがとても魅力的でした。エンジニア同士の勉強会が行われていたり、情報を交換する方法がいろいろとあったり、それにほかのチームで何が起きているかが見えるのも面白い。あとは、新しい技術やサービスに敏感な人々が集まっていることが刺激的ですね」

本レポートでは、アジャイル開発手法の一つ「スクラム」に取り組む女性エンジニアや、最近注目されている関数型プログラミング言語「Haskell」や「Flare」に挑戦するインフラエンジニアの奮闘についても詳しくレポートしています。

▼詳細は下記URLにてご覧ください。
リンク

▼関連記事はこちら
グリーとデベロッパーが語り合う最新技術と業界動向
リンク
GREEの「釣り★スタ」が長年支持され続ける理由とは
リンク

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
リンク

▼『Tech総研』Twitterアカウント
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――
エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事