logo

◎Enecsysが次世代マイクロインバーター・プラットフォームを発表

Enecsys Limited 2013年04月03日 09時35分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Enecsysが次世代マイクロインバーター・プラットフォームを発表

AsiaNet 52244
共同JBN0216(2013.4.3)

【サンフランシスコ2013年4月2日PRN=共同JBN】世界のソーラー市場におけるマイクロインバーター製品の大手サプライヤーであるEnecsys Limitedは2日、新しい通信ゲートウエーとオンライン監視サービスを含む第2世代のマイクロインバーター・プラットフォームを発売すると発表した。欧州、北米、オーストラリアの主要な国際市場で第1世代プラットフォーム展開の拡大に成功した昨年の実績に基づき、今回の第2世代プラットフォームは既存の競合製品と比較して、システム所有者およびインストーラーに大きな恩恵をもたらす。

    (Photo: リンク

    (Logo: リンク

例えば、システム所有者、インテグレーター、インストーラー、およびサードパーティー所有システムへの資金提供者は、エネルギーハーベストを最大限に伸ばす能力を重視する。Enecsysの第2世代マイクロインバーターは、効率性の向上と最大出力電源能力の増大を組み合わせることによってエネルギーハーベストが大幅に増える。最大出力電源は、従来のEnecsysに比べて最大33%、他社の有力マイクロインバーター製品との比較では最大40%、それぞれ向上した。この徹底した性能は、次の2種類の注目すべきパッケージで提供される。統合ACモジュールを提供する幅広いパネル・メーカーの統合機会に応えるように特に設計されているパッケージに加え、インストーラーの特注設定を可能とする従来のラックマウント・バージョンのパッケージである。

Enecsysの第2世代マイクロインバーターは現在、マイクロインバーター業界トップの最大効率96.5%を備え、240Wから最大300WのAC出力に段階的に増加する単一バージョンで提供される。このためEnecsysの技術イノベーションは、最大エネルギーハーベスト能力の最先端に位置し、世界で最も広く認定されている。Enecsysマイクロインバーター技術によって、多数の高出力60セル・モジュールが使用でき、狭い面積で最大のエネルギーハーベストの実現が可能となる。さらに、ケーブル・ソリューションが簡略化されているため、迅速に低コストで設置でき、インストーラーの効率が向上する。マイクロインバーターのラックマウント・バージョンは欧州、北米、オーストラリアの主要市場で認定を受けている。

Enecsysのマイク・フィスター社長兼最高経営責任者(CEO)は「世界の住宅屋根および軽量の商用ソーラー市場セグメントは堅調で未開拓のままであり、当社の次世代Enecsysマイクロインバーターは最大300W ACの電力規模を備え、成長を加速することに十分適している。EnecsysシステムはEnecsys Gatewayを通じ、設置する実際の国に基づいて地元の送電網手順に自動的に自己設定することが可能であり、設置を促進、加速することができる」と語った。

マイクロインバーターは次世代Enecsys Gatewayに付属しており、Enecsys Monitoring Systemに従って現場でのシームレスな設定とアップグレードが可能となる。これによってシステム所有者およびインストーラーはリアルタイムでパネルごとにエネルギー生産をモニターし、あらゆるメンテナンス問題に事前かつ正確に対処することが可能となる。

Enecsys第2世代マイクロインバーター・パッケージは、統合マウンティング手法によって新特許取得済みのフォームファクターに大幅な再設計が行われており、OEMパートナーがACモジュール製品ファミリーに組み込むには最適になっている。高い信頼性がある部品が同梱されたこの密封パッケージは、新たな25年保証で裏づけられたソリューションの信頼性を保証している。

▽Enecsysについて
Enecsys Limitedは、スマートで高い信頼性がある送電網に接続され、優れた価値を提案するマイクロインバーターと監視システムの大手サプライヤーである。マイクロインバーターは、太陽電池アレイでおのおののソーラー・モジュールによって発電されたDC電源を家庭および企業のAC電源に変換し制御する。Enecsysマイクロインバーター・システムの強みは、最大のエネルギーハーベスト、インストーラーおよびユーザーの安全向上、信頼性の強化、ソーラー・モジュールの耐用期間の整合性、おのおののソーラー・モジュールのリアルタイム性能監視、簡略化された太陽電池アレイの設計・設置などである。

同社は英国ケンブリッジに本社を置き、米カリフォルニア州レッドウッドショアーズにオフィスを構えるほか、ドイツ・バートホンブルクと台湾・台北に販売およびサポート施設がある。

詳細はウェブサイトリンクを参照。

ソース:Enecsys Limited

▽問い合わせ先
+1-650-730-5766, media@enecsys.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。