logo

Sidense 1T-OTP NVM、TSMCのBCDプロセスで、自動車の高信頼性要件の150度の認定を得る

Sidense Corp. 2013年04月02日 10時35分
From JCN Newswire

1T-OTPは、TSMC 180nm BCDプロセスで、AEC-Q100機器をサポートする自動車の温度範囲に完全適合。大手半導体会社の多くに選ばれ、高信頼性デバイス向けにコスト効果の高いNVMを実現

OTTAWA, ONTARIO, Apr 2, 2013 - ( JCN Newswire ) - Logic Non-Volatile Memory (LNVM)ワンタイムプログラム可能(OTP)メモリIPコアの大手開発会社のSidense Corp.は、TSMCの180nm BCD 1.8/5V/HVおよびG 1.8/5Vプロセス用の同社の1T-OTPマクロが、すべてのTSMCのIP9000 Assessmentプログラム要件に対応したことを、本日発表しました。Sidense OTPマクロは、高温下で信頼性の高い操作と長期データ保持に必要な、自動車エレクトロニクスなどをサポートするために、-40度~150度の読み取りと、現場プログラミング可能な操作に完全対応しています。

Sidenseはすでに、多くの一流ファブレス半導体企業に、Automotive Grade 1T-OTPマクロのライセンスを発行しています。これらの企業は、さまざまな最先端製品の設計に、マクロを組み込んでいます。Fairchild Semiconductor、MAZ Brandenburg、上海ハイアール集成電路、ZMDIなどのお客様が、自動車、産業用機械、モバイル、家電などの機器の電源管理IC、センサ、マイクロプロセッサなど、さまざまなデバイスでSidense Automotive Grade OTPを使っています。

「電源とHVプロセスをサポートする1T-OTPの需要は、急激に成長しています。」と、Sidense販売およびマーケティング担当VPのTom Schildは述べました。「弊社では、電源およびコスト要件の厳しい機器に最適なだけでなく、高い信頼性が求められる要件の厳しい高温環境向けの、コスト効果が高く信頼性の高いNVMを提供することで、多くのお客様が、競争力の高い新型PMICや、センサなどの製品のマーケティングを行う支援をしています。」

Sidense Automotive Grade 1T-OTPマクロは、-40度~150度の高温作動寿命(HTOL)と、150度で2000時間のデータ保持ストレージ寿命(DRSL)などに完全に適合しています。この認定レベルは、AEC-Q100 Grade 0仕様に対応するデバイスを求めるお客様をサポートするために施行され、10年以上のフルデューティサイクルですべての作動温度でデータ保持を提供しています。

マクロは、構成とトリムアプリケーション向けに256ビットの低密度から、コードストレージと複数NVM使用向けに最大256Kビット/マクロまでをサポートするさまざまな市販構成で利用可能です。Automotive Grade 1T-OTPには多くの優位性があります。その中には、設置面積が小さくコストを最小化することや、現場プログラミング可能であること、最大128ビットのワード幅構成、多くのアプリケーション向けにOTPからのコードの実行を可能にする読み取りアクセスの速さなどがあります。

Sidense Corp.について

Sidense Corp.は、追加マスクまたはプロセスステップを必要とせずに、標準論理CMOSプロセスに使用できるセキュアで高密度で信頼性の高い不揮発性のOTP (one-time programmable)メモリIPを提供しています。同社の革新的なワントランジスタ1T-Fuse(TM)アーキテクチャは、業界最小のフットプリント、最高の信頼性、および最小の消費電力LNVM (Logic Non-Volatile Memory) IPソリューションを提供しています。Sidense OTPには取得済みおよび申請中の特許が100件以上あり、多くのOTPとMTPアプリケーション内の、Flash、マスクROMおよびeFuseに、現場でプログラムできる代替ソリューションを提供しています。

Sidense SiPROM、SLPとULPメモリ製品は、250社以上のお客様の設計に組み込まれており、上は180nmから下は28nmまで利用可能で、20nm以下に拡張可能です。このIPは、大手半導体メーカーすべてと厳選されたIDMにより、採用されています。お客様は、アナログトリミングやコードストレージ、暗号キー(HDCP、WHDI、RFID、Chip IDなど)、医療、自動車、構成可能なプロセッサとロジックなどに、Sidense OTPを使用しています。さらに詳しい情報については、 www.sidense.com リンク をご覧ください。

メディア問合せ先:
Susan Cain
Cain Communications (Sidense担当)
電話: +1-408-393-4794
メール: scain@caincom.com

Jim Lipman
Sidense
電話: +1-925-606-1370
メール: jim@sidense.com

概要:Sidense Corp.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。