logo

◎SimbionixのPRSで3番目のアプリケーションをFDAが認可

Simbionix USA Corporation 2013年04月01日 14時55分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎SimbionixのPRSで3番目のアプリケーションをFDAが認可

AsiaNet 52597
共同JBN 0358 (2013.4.1)


【クリーブランド(米オハイオ州)2013年3月30日】医療教育、シミュレーション訓練の世界で有力なプロバイダーであるSimbionix USA Corporationは「プロシーデュア・リハーサル・スタジオ(PROcedure Rehearsal Studio、PRS)」(商標)(リンク)のTEVAR(胸部大動脈瘤(りゅう)の血管内処置による修復) アプリケーション(リンク)に対する米食品医薬品局(FDA)の認可を受けた。このアプリケーションは販売申請が認められているPRSの頸(けい)動脈インターベンション(リンク)、EVAR(血管内処置による動脈瘤(りゅう)修復)処置(リンク)ファミリーに加わることになる。

(Logo:リンク

TEVARは新興の治療法で、胸部大動脈疾患を治療する臨床医から広く受け入れられている。これは開放手術よりはるかに非侵襲的である。さらに、TEVARのアプリケーションの有用性と比較的使いやすいことによって、開放手術に適さない患者を含め、胸部大動脈疾患の管理選択肢を変化させ、拡大している。TEVARの実施に必要なスキルは、この処置には手術に関する知覚、認識、精神運動面でかなりの条件が求められているので、専門的な正式の訓練を必要としている。

PRSはSimbionixが開発した革命的な技術を使用して、医師が特定患者のコンピューター断層撮影(CT)データに基づくバーチャルな3次元構造モデルで完全な血管内処置のリハーサルをすることができるようになっている。バーチャル・モデルは実際の処置を実施する前の手術前外科治療オプションのシミュレーション、分析、評価の目的で利用することができ、その後に行う処置についての医師が自信を強めることができる。3次元モデルが Simbionixの「アンジオ・メンター(ANGIO Mentor、商標) (リンク )」シミュレーション環境にエクスポートされると、医師は実物そっくりのツールとエンドグラフトを使いながら何回も実行して異なる技術の評価をすることができる。

血管外科学会は外科医が資格を得るまでに最低100回の診断、50回のインターベンショナル処置、10回のTEVAR症例を行うよう勧めている。この新しい革新的なアプリケーションによって、医師たちは単数、複数のステント・グラフトの精密な配置、実際の患者で手術する前のタッチアップ・バルーニングを含め、TEVAR処置の実地訓練を実際に受けることができる。PRSは処置計画を簡素化し、経験を積んだ医師、新人医師の専門職レベルを向上させることを目的とした患者特定処置の訓練、シミュレーションのための包括的なソリューションを提供する。

Simbionixのヤエル・フリードマン規制問題ディレクターによると、健康管理専門家に対する革新的なツール提供におけるSimbionixの過去の実績は、新たな成功製品の基礎である。同氏は「胸部大動脈瘤(りゅう)の血管内処置による修復は血管内外科医が行っている最も先進的な医療処置の1つである。SimbionixはFDA認可を受けたことを大変喜んでおり、手術前外科治療オプションを分析、評価する臨床医を助ける当社の新しいPRS臨床TEVARアプリケーションを誇りに思う」と語っている。

Simbionix USA Corporation (リンク)は医療専門家と健康管理業界向けシミュレーション、訓練、教育製品の世界で有力なプロバイダーである。同社は高品質の製品の提供、臨床性能の前進、処置結果の最適化にコミットしている。

参照:リンク
Facebook(リンク
Twitter(リンク
LinkedIn(リンク

▽問い合わせ先
Rebecca Levy
Manager of Marketing Communications
rebecca@simbionix.com
+1-216-2292040

ソース:Simbionix USA Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事