logo

新規ビジネス創出に向けMVNO事業を開始

- UQコミュニケーションズとのMVNO契約締結により公共・文教機関・企業向けへUQ WiMAX回線を活用したソリューションを提供します -

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、この度UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、社長:野坂 章雄、以下UQ)とUQ WiMAX回線を利用した通信サービスの提供が可能となるMVNO(仮想移動体通信事業者)(※1)契約を締結したことを発表します。



 近年のモバイル活用やBCP対策など常に変化するユーザーニーズに対して、MKIはネットワーク構築からモバイル網の接続、保守までをワンストップで提供するため、MVNO事業へ参入します。これにより、既存ビジネスの提案領域を広げるだけでなく、UQ WiMAX回線を利用した新規MVNOソリューション創出にも取り組んでまいります。
 具体的なソリューションとして、防水・屋外対応ルータなどの特注モデルを利用したBCP対策ソリューションや「移動型アクセスポイント」 ソリューションを提案していく予定です。「移動型アクセスポイント」ソリューションでは、ファーストユーザーとして学校法人青山学院へ導入致しました。

 今後MKIは、プラットフォーム構築からシステム開発までの実績を活かし、モバイル通信回線だけでなくM2M (※2)やクラウドサービスなどの分野も含めた複合的ソリューションの創出を進めてまいります。

【 「移動型アクセスポイント」 ソリューション】
 ポータブルWiMAXルータ(WiMAX Speed Wi-Fi)と各メーカーが提供するWi-Fiアクセスポイントを組み合わせた設置工事不要の「移動型アクセスポイント」。
 配線工事ができない建造物や、イベント・モデルルーム等の仮設・臨時環境でのWi-Fi通信環境構築ニーズに対して、設置工事不要かつ短期間、低コストで、セキュリティポリシー確保のもと多数のデバイスが接続できるWi-Fi環境を提供します。

(※1) 「Mobile Virtual Network Operator」・・移動体通信事業者から回線を借り受け、その回線を自社ブランドとして通信サービスを提供する事業者のこと。
(※2) 「Machine to Machine」・・ネットワークに繋がれた機器同士が人間を介在せずに相互に情報交換し、自動的に制御を行う仕組み。


以   上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事