logo

RAID0ストライピング、インテル(R) RSTを更に高速化する「プチフリバスター」提供開始

有限会社電机本舗 2013年03月29日 09時00分
From DreamNews

報道関係者各位
プレスリリース

 有限会社電机本舗は、SSDによるPCを高速化する技術であるRAID0,インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジーへの対応をSSD/HDD高速化ソフト「プチフリバスター Duo drive Ver3.4A」120305ビルド版(Ver3.4Aの第二版)よりを開始します。

■本ソフトは正規ユーザにはアップデータを現在配布中です。
■SSDメーカ向け/販売店向けに本ソフトのバンドル専用の廉価版を提供開始します。


【RAID0ストライピングへの対応】
 RAID0ストライピングはディスク装置を並列化し、装置の並列動作によりPCを高速化します。
「プチフリバスター」はRAID0ストライピングで構築した複合ディスクに対して大容量キャッシュを与え高速化します。


【インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジーへの対応】
 インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル(R) RST)はハードディスクにキャッシュ専用のSSDを結合し複合ディスクを作る技術です。ハードディスクの大容量性とSSDの高速性を備えたディスクを構成します。「プチフリバスター」はインテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジーで作ったディスクに対して大容量キャッシュを与え高速化します。
 プチフリバスター Duo drive Ver3.4A第二版である120305ビルド版よりRAID0ストライピング、インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジーへの動作を保証します。

【Kernel Power 41への対応を強化】
 プチフリバスター Duo drive Ver3.4A 120305ビルド版はKP41病への耐性を向上した版です。
KP41 病あるいはKP41問題とはイベントビューワにKernel Power 41というメッセージが出る事から命名された症状です。原因は多数ありますがスリープから復帰時、電力不足からPCを構成する各種メカニズムがスムーズに 起動しない時に起きます。PCの電源容量の不足、モーターの摩耗などにより寝起きの悪いディスクに対して遅延保証を機構を追加した機能強化版です。


【標準添付ソフトSSDを高速化「SSD対応MyDefragブースター・プレミア」】
  「SSD対応MyDefragブースター・プレミア」はSSDのウェアレベル(平滑化)機構を常に最良の状態に保つ最適化機能を提供します。SSDは使用 しているとディスク内部に不整合が増大し速度が遅くなります。「SSD対応MyDefragブースター・プレミア」はこの不整合を解消し常に最良のコン ディションにSSDを保ちます。もちろんハードディスクに対しても最良のコンディションを提供します。
 SSD内部の不整合は、フラッシュメモリの書き込みを高速化するためブロックという単位を採用しています。ブロックとは事実上の上書き消去の単位です(※1)。一度に(上書き)消去する単位がMLC型で512KB以上で大きいこと。Windowsの一般的な書き込み単位である1クラスタ4KBでありその間のギャップで発生します。このクラスタ・ブロック間ギャップはディスクの空き領域の分断化と共に増大します。
 高性能なSSDではクラスタ・ブロック間ギャップをガベージコレクション(garbage collection; GC)とリマッピングという技術により回避する機能を備えています。ですがSSD内部のコントローラの負荷も当然大きくなります。従い適時、SSDを抜本的に最適化することがSSDを最速で使う最良の選択です。
※1:フラッシュメモリは厳密には上書きが出来ません。従い、上書きが発生する時は一度全部消去してから書き込みを行います。
このため書き込み処理≒消去の関係にあります。
【プチフリバスターの基本機能】
 本ソフトはパソコンのディスクの高速化と内蔵ディスクの容量を増やす機能を提供します。
高速ディスクキャッシュにより内蔵SSD、HDDの動作速度を高速化します。
そして内蔵SDHC/SDXCスロットを同梱のF2Dx1により擬似ハードディスク化する機能を備え、SDカードを内蔵HDDとして使用できるようにします。内蔵HDD化したSDカードはシステムディスク同様、キャッシュにより高速化します。

 「プチフリバスター」はディスク装置に大容量のキャッシュメモリを付与し高速化します。余剰メモリをディスクにキャッシュメモリとして割り振り高速化します。

■インテル SSD ToolBox のオプティマイザ対応
 SSDにおいてトップシェアを持つインテル社のSSDがサポートするTRIMを活用したユーティリティとの併用を実現します。
インテルの提供するSSD ToolBox のオプティマイザを使用し、SSDを最適な状態保ちながら「プチフリバスター」による高速化を提供します。

■ダイナミックオプティマイザ
SSD、HDDの両ディスクで劇的な高速化を実現するメカニズムです。
ディスクへの書き込みを管理し、処理の順序を最適化し時間と負荷を最小にします。
SSDにおいてはプチフリーズ問題を解決します。また最近の大容量ディスクキャッシュを備えたモデルでは、キャッシュを使い切った時にリバウンドでより大きなプチフリーズが起きるという問題があります。これも解決します。負荷の減少によりSSDの寿命も劇的に伸びます。

■標準添付ソフトRAM-DISK「RAMDA プロ Ver1.4」
 大容量メモリを搭載したWindows機で真価を発揮する高速化ソフトです。大容量のRAM-DISKを実現し、自動バックアップ機能によりRAM-DISKの揮発性を解決。ハードディスクと同様の操作性を提供します。

【より詳細な情報】
プチフリバスター製品カタログページ
リンク
プチフリバスター製品ページ
リンク

【出荷開始】
2013年3月5日よりVer3.4A120305ビルド版は出荷開始中。
アップデータは同日より配布中。

【動作環境】
・Windowx XP用(32bit) SP2,SP3対応
・Windows2000用SP4対応
・Windows7版は32bit/64bitに対応
・Windows8版は32bit/64bitに対応
・メモリ512Mバイト以上
・ディスク容量5Mバイト
※VISTAは同梱しますがOS本体が不安定なためノーサポートです。

【BIOSの設定について】
 RAID0ストライピング、インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジーの作動しているPCにて本ソフトの対応を開始するものです。
 RAID0ストライピング、インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー共に事前に設定して本ソフトをご利用ください。
 RAID0ストライピング、インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー共にBIOSの設定でRAIDを指定する必要があります。
 通常はIDEあるいはAHCIが指定しています。この設定を変更する時は、事前にWindowsのレジストリを修正する必要があります。
 IDE,AHCI,RAIDの変更方法は下記にて説明しています。
IDEからAHCI/RAIDに変更する方法。RAIDからAHCIに変更する方法。Windows7とWindows8それぞれについて説明しています。
リンク

【価格】
・パッケージ版 オープンプライス ※ソフトバンクBB(株)にて取り扱っております。
・ダウンロード版  ¥2,980- (税込)

【SSDバンドル販売用セット】
・SSDメーカー用バンドルセットを用意しています。
・販売店向けSSDバンドルセットを用意しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社電机本舗
担当  : 由井(ゆい)
TEL   : 03-5449-7057(13:00~17:00)
FAX   : 03-3447-2775
E-mail : info@dnki.co.jp
郵便番号108-0074
東京都港区高輪1-2-16-6A


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。