logo

◎サンフランシスコ市で最高のビルの起工式 ペリ クラーク ペリ アーキテクツが設計

ペリ クラーク ペリ アーキテクツ 2013年03月28日 10時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎サンフランシスコ市で最高のビルの起工式 ペリ クラーク ペリ アーキテクツが設計

AsiaNet 52562
共同JBN 0343 (2013.3.28)

【サンフランシスコ2013年3月27日PRN=共同JBN】Transbay Transit Tower(トランスベイ・トランジット・タワー、リンク)の正式な起工式が27日に行われた。このビルはペリ クラーク ペリ アーキテクツ(Pelli Clarke Pelli Architects、リンク)が設計を担当し、完成するとサンフランシスコで最も高いビルになる。

(Photo: リンク

完成後は全高1070フィート(326メートル)、60階建てになるこのオフィスビルは、米西海岸で最も高く全米でも7番目の高さになる。このタワービルはTransbay Transit Center(トランスベイ・トランジット・センター、リンク)に直結する。このセンターは複数様式の交通ハブで、タワービル同様ペリ クラーク ペリ アーキテクツが設計した。タワーとセンターはそろって再開発区域の中心を形成する。

ペリ クラーク ペリ アーキテクツのシニアプリンシパルであるフレッド・クラーク氏は「Transbay Transit Towerと隣接のTransbay Transit Centerはともに、サンフランシスコへの21世紀のゲートウエーとしてまたスカイラインで最先端となる場所を示すマーカーを作り上げるため共通の公共目的で設計されている。持続可能性があり交通をベースにした開発を体現するため、このタワーはトランジット・センターと一緒にサンフランシスコの未来のモデルである」と語った。

タワーは、永遠の形であるオベリスクを模しており、スレンダーな先細りのシルエットを持つ。壁面は真珠光沢のあるホワイトの金属でアクセントを付けたクリアガラスで構成されている。これらの水平と垂直のアクセントは、曲面のガラスのコーナーが際立つように徐々に先細りになっている。壁面は、トップフロアーを通り越して透明な王冠を形成しており空に溶け込むように見える。タワーの最上部には、夜間に点灯される垂直のファセットが刻まれている。トランジット・センターと同様にタワーの設計は持続可能性を強調しており、LEED認証のゴールド認証を受けている。

Hinesのシニア・マネジングディレクター、ポール・パラディス氏は「Transbay Transit Towerはサンフランシスコ市とカリフォルニア州にとって新しいアイコンになる。またタワーは健康で生産的な職場環境の新基準になるだろう」と述べている。

HinesとBoston Propertiesがタワー開発を担当する。タワー開発業者への土地売却は、トランジット・センターの建設資金に充当される。ペリ クラーク ペリ アーキテクツはHinesとともに、2007年に国際コンペで優勝しタワーとトランジット・センターの契約を勝ち取った。

1977年にシーザー・ペリ(リンク )、フレッド・クラーク(リンク )、ラファエル・ペリ(リンク )の3氏によって設立されたペリ クラーク ペリ アーキテクツ(リンク)は世界で最も注目されるビルのいくつかを設計している。その中にはニューヨークのWorld Financial Center(リンク )、クアラルンプールのPetronas Towers(リンク)、香港のInternational Finance Centre(リンク)が含まれる。

ソース:Pelli Clarke Pelli Architects

▽問い合わせ先
Janet Yoder
jyoder@pcparch.com
+1-203-777-2515

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。