logo

『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート グリーとデベロッパーが語り合う最新技術と業界動向

株式会社リクルートキャリア 2013年03月27日 10時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』(リンク)は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
リンク

――――――――――――――――――――
■HTMLおよびJavaScriptのパフォーマンスを向上させる方法を披露
グリーとデベロッパーが語り合う最新技術と業界動向
――――――――――――――――――――
IT業界の先駆者やGREEパートナーを招き、最新の業界動向について情報交換するイベント「GREE Technology Conference 2013」。そこで語られたインターネットサービスに関する技術トレンドの概要について『Tech総研』編集部はお届けします。

グリーでは2011年より半年に1回、GREE Platform上でアプリを提供しているデベロッパーを対象に「GREE Platform Conference」を開催しています。今回、同イベントと併催という形で、技術セッションなど、技術に特化した「GREE Technology Conference 2013」が初開催されました。

グリー開発本部のパロット・ジェイソン氏は「HTML with JavaScript Performance~Rendering,Layout,Animation~」というセッションにてWebサービスで重要になるのはパフォーマンスであると語り、HTMLでのレイアウト、Painting、コンポジティング、JavaScriptではDOMの使い方、Canvasの効率的な処理手法について紹介しました。

positionプロパティのどれを使うかによってパフォーマンスは変わるため、JavaScriptのレイアウトの注意点を語りました。JavaScriptを用いるとさまざまなことができる反面、重い処理が発生してしまいます。その解決する手段として表示スピードのベンチマークを行うというデモを実施しながら、「値が変わらないときはキャッシュを使うこと、エレメントを追加する前にエレメントのプロパティを変更すること」と述べました。

本レポートでは、さらに詳しいJavaScriptでパファーマンスを上げる方法や、米Treasure Data(トレジャーデータ)CTOの太田氏のセッション「大規模行動ログ解析サービス」の内容や、GREEパートナー3社のトップらとのパネルディスカッション「ネイティブとブラウザ、今後どちらの方向に進んでいくか」などについてもレポートしています。

▼詳細は下記URLにてご覧ください。
リンク

▼関連記事はこちら
GREEの「釣り★スタ」が長年支持され続ける理由とは
リンク
エンジニアが語るグリー新事業「Magalry」開発舞台裏
リンク

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
リンク

▼『Tech総研』Twitterアカウント
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――
エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。