logo

AltairがHyperWorks 12.0のリリースで画期的なレベルのパフォーマンスと使いやすさをエンジニアに提供

当リリースでは、シミュレーション主導の設計、および複合材解析とマルチフィジックス解析に注力

ミシガン州トロイ – 2013年3月5日

Altairは本日、PLM市場で最も包括的なCAEプラットフォームであるHyperWorks 12.0のリリースを発表しました。HyperWorks 12.0は、製品最適化、有限要素モデリング、マルチフィジックス解析、パワートレイン耐久性解析、軽量化設計などにおける、エンドユーザーの生産性向上に向けた新機能を提供します。

「HyperWorks 12.0は、より多くの設計検討の機会を与え、軽量化を図りながら、設計の時間短縮、精度の向上、製品の改善を達成するための、自動化された使いやすい機能を備えています」と、AltairのChief Technical Officerを務めるJames Brancheauは述べています。「オープンプラットフォームであるHyperWorks製品群の非常に密な統合と相互運用性によって、エンジニア、設計技術者および解析技術者は、自分達の目的に最も適った設計を得たという自信をもって、製品のあらゆる側面を検討、検証できます」

HyperWorks 12.0に含まれる先進機能は、パフォーマンスの向上と下記の強化点を重要視しています:


・使いやすさ – 時間の短縮とCAEテクノロジーへのアクセスのしやすさを目的とした、モデルブラウザの改善、迅速なモデルセットアップのためにストリームライン化された新しいユーザープロファイル(BasicFEA)、3次元ビジュアライゼーション(HyperView)など

・進化したメッシングアルゴリズム – 複雑なソリッドCAD形状からの自動板厚マッピングを含んだ中立面メッシュ生成ツールや品質コントロールメカニズムの追加(HyperMesh)など、シェルおよびソリッドメッシングのための様々なメッシング機能群

・モデルの構築 – 自動化されたコネクター生成法など、洗練された様々なモデル構築手法が、複雑なモデルをより速く構築するために使用可能

・インターフェース – 複合材インターフェーシング、コラボレーション型シミュレーションのデータ管理、CADインポートおよびエクスポートの相互運用性の強化

・パワートレイン耐久性解析および大規模NVH解析と最適化 – OptiStructでの自動マルチレベル サブストラクチャリング(AMSES)ソルバー使用、ワンステップ伝達経路解析(TPA)など、新規および強化された機能
陽解法および陰解法による有限要素解析 – 正確さのための新材料則および破壊モデル(RADIOSS)

・GPUサポート – RADIOSS、OptiStruct、AcuSolve内の陰解法ソルバーにコスト効果の高いライセンスシステムでのGPUサポートを追加

・自動車産業用拡張機能 – サードパーティコンポーネントでマルチフィジックス解析についてコ・シミュレーションが可能(MotionSolve)

・クラス最高レベルの最適化機能 – 設計の軽量化をスピードアップし、複合材料用の新規製造性制約条件を追加(OptiStruct)

・騒音レベルの予測 – 新規のFfowcs-Williams-Hawkings音響ソルバーが遠距離場に置かれたマイクロフォンの騒音レベルを正確に予測(AcuSolve)

・洗練されたマルチフィジックスシミュレーション – 新規のマルチコアライセンスモデルで、ハイエンドなマルチフィジックス問題をHyperWorksとAltairパートナーアライアンスソルバー群でコスト効率良く解決

・設計検討、調査および最適化 – 全体的に再構築されたHyperStudyのリリースが設計のロバスト性および信頼性調査を加速

・シミュレーション主導の概念設計ツール群 – solidThinking Inspireの最新バージョンでは、設計工程の最も初期の段階で構造的に効率の良い概念を生成、検討可能。一方solidThinking Evolveは、製造可能なモデルを生成し、卓越したフォトリアリズムでCAE結果をレンダリングするためのNURBS-ベースの3次元モデリングおよびレンダリング環境を提供


HyperWorks 12.0における強化された機能群は、カスタマーベータユーザーからポジティブな感想を得ています。例えば、ボーイング社の技術担当者Jonathan Gabrys氏は、「新しい3D機能は、概念設計と解析の努力をサポートするための私達の能力を向上させる、完全没入型環境を作り出します。特に、応力場や歪みなどの複雑な解析結果を3次元ビジュアライゼーションを用いて明らかにすることで、より深いレベルの理解が得られます」と述べています。

一連のHyperWorks製品群に加え、AltairはAltairパートナーアライアンス(APA: Altair Partner Alliance)プログラムを介して、実質的に制限のない価値とサードパーティテクノロジーへのアクセスを提供しています。HyperWorksユニット(HWU)を使用し、HyperWorksユーザーは、30社にも及ぶ戦略的パートナーによって開発された広範な専門分野のソフトウェアアプリケーションに直接アクセスすることができます。

HyperWorks 12.0のリリースと同時に、Altairでは引き続きHyperWorksライセンスシステムの価値、柔軟性および移植性を高めています。HyperWorks製品群は、ワークロード管理、ジョブ投入・監視、およびワークロード解析のためのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ソリューションAltair PBS Worksを用いたプラットフォームHyperWorks On-Demand(HWOD)を介し、クラウドでも使用可能です。これにより、クラウドコンピューティングとそれに続く課金情報への簡単なアクセスが、すべてHWUを使って最小限の追加投資で可能となります。

このプレスリリースの付帯情報

HyperWorks 12.0リリース

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

Altairについて
Altairは、ビジネス情報および技術情報の解析、管理、可視化を最適化するテクノロジーにより、企業の革新と意思決定をサポートしています。Altairは1,800人以上の従業員を擁する株式非公開会社で、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域にオフィスを構えており、製品設計、高性能なエンジニアリング ソフトウェア、コンピューティング、企業分析ソリューションおよび先進の製品設計、開発において27年以上の実績を持つアルテアでは、さまざまな業種の顧客に一貫して高い競争力を提供しています。詳しくは、www.altair.comまたはwww.simulatetoinnovate.comをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。