logo

最長24時間の停電対応可能 スマートハウス第二弾「スマ・エコ オリジナル II」発売

大和ハウス工業株式会社 2013年03月21日 22時58分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/03/21

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3-3-5

最長24時間の停電対応可能 スマートハウス第二弾「スマ・エコ オリジナル II」発売

 当社は、2010年7月、生活の質を向上させながら、2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」(CO2排出量をゼロ、光熱費をゼロ)となるエネルギー自給住宅に進化させるためのプロジェクト「Smart xevo Eco Project(スマート・ジーヴォ・エコ・プロジェクト)」をスタートさせました。
 その第一ステップとして、2010年7月より、国内初となる家庭用リチウムイオン蓄電池を搭載した住宅展示場「SMA×Eco HOUSE(スマ・エコハウス)」での実証実験を開始。第二ステップとして、2011年10月より、スマートハウスの第一弾となる、戸建住宅「xevo」に2.5kWhの家庭用リチウムイオン蓄電池、当社独自開発の「D-HEMS」、太陽光発電システムを組み合わせた「スマ・エコ オリジナル」を販売し、好評をいただいています。
 そしてこのたび、スマートハウス第二弾として、6.2kWhの家庭用リチウムイオン蓄電池と、業界初となる蓄電池とエアコンの自動制御が可能な次世代型HEMS「D-HEMS II(ディー・ヘムス ツー)」、太陽光発電システムを組み合わせた「スマ・エコ オリジナル II」を発売します。
今後当社は、HEMSにより制御できる家電・設備機器などを広げ、エネルギーの最適利用を進めていきます。また、家庭内の家電・設備機器の情報を活用した周辺サービスの提案など、スマートハウスの可能性を広げていく予定です。
  ※1.ICT 技術の活用により、人に代わって住宅のエネルギー管理などを支援するシステムのこと。

 ●ポイント 
  1.最長24時間の停電に対応可能(※2)かつ年間光熱費も約29万円削減(※3)
  2.業界初 家庭用リチウムイオン蓄電池とエアコンを制御できる次世代型HEMS
  ※2.当社試算値:照明(60W)、テレビ(115W)、冷蔵庫(25W)を連続運転した場合。温度や蓄電池の状態により使用可能時間は変動します。
  ※3.東京電力、東京ガスの料金体系による「xevo」(136.23m2)での試算。旧省エネルギー基準相当の住宅との比較(2013年4月時点)。固定価格買取制度による太陽光発電の売電単価は2013年4月1日以降の予定単価38円/kWhにて試算。

 ■開発背景
  当社では、これまで大地震やエネルギー不足・地球温暖化に対する不安を解消すべく、お客さまにとって「安心・安全」な住まいを追求してきました。2011年10月に販売開始した「スマ・エコ オリジナル」を導入したオーナー様に対するアンケート調査によると、総合満足度では84%と高い評価をいただきましたが、停電時を考えると蓄電池の容量が不足しているというご意見もありました。
  そこで今回、その課題を解決すべく、6.2kWhの大容量家庭用リチウムイオン蓄電池を搭載するとともに、エアコン制御などのHEMSの機能を追加した「スマ・エコ オリジナル II」を発売することになりました。

 ■商品特長
  1.最長24時間の停電に対応可能かつ年間光熱費も約29万円削減
「   スマ・エコ オリジナル II」は、大容量家庭用リチウムイオン蓄電池「POWERiE 6」、「D-HEMS II」、太陽光発電システムを組み合わせたことで、無理な節電をせずに、旧省エネ基準による住宅と比べエネルギー使用量を62%削減(※4)、CO2排出量も63%削減(※4)できます。
  ※4.太陽光発電システム3.5kW、家庭用リチウムイオン蓄電池6.2kWh、「D-HEMS II」搭載、オール電化で「おサイフモード」で運転した場合。

 ●停電時
 地震や落雷などに伴う停電時に、家庭用リチウムイオン蓄電池が非常用電源として、生活に必要な電力の供給を可能にします。
停電時には蓄電池用分電盤を切り替え、非常用電源として特定の照明や家電製品に電力を供給します。夜間や雨天時など太陽光発電システムが発電しない場合でも、満充電の場合、蓄電池だけで最長24時間の停電にも対応することができます。
 また、昼間に太陽光発電システムが発電する電力を蓄電池に充電することで、数日間にわたる停電にも対応可能です。
 あわせて、停電時は最大2kWまで出力できるため、電子レンジや炊飯器など消費電力の大きい家電製品も使用することができ、非常時の安心が高まります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事