logo

◎レオファーマが米国立乾癬財団と共同創薬協定

LEO Pharma A/S 2013年03月21日 09時45分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎レオファーマが米国立乾癬財団と共同創薬協定

AsiaNet52425
共同JBN 0286(2013.3.21)


【バラールップ(デンマーク)2013年3月19日】レオファーマ(LEO Pharma)は米国の国立乾癬(かんせん)財団(National Psoriasis Foundation、NPF)と患者をレオファーマの革新プロセスの中心に置く共同創薬協定を結んだと発表した。この動きは患者の現実生活の必要に対応する将来のケア・ソリューションを開発するという皮膚病薬会社レオファーマの目的をサポートするものである。

NPFとの共同創薬協定は乾癬に罹患(りかん)しているひとびとのニーズがレオファーマの将来の乾癬ケア・ソリューションの開発で中心的な役割を果たすようにすることを目的としている。最終的にはNPFとの協定はひとびとが自分の乾癬をよりよく管理できるように改善されたケア・ソリューションへの道を開く、とレオファーマは期待している。

レオファーマのキム・コエレル上級副社長(世界開発担当)は「患者は自分の病気について他人にはない知見を持っている。革新過程の積極的な参加者として患者を関与させるのはそのためである。皮膚疾患のあるひとびとの毎日の生活を違うものにするために、われわれは彼らの困難を理解したい―そして力を合わせてソリューションを見つけたい―と望んでいる」と語っている。

共同創薬協定は患者ケア革新に対するレオファーマの方針の最新段階である。この方針―その中では医薬品業界が患者団体などの外部パートナーと力を合わせている―は国際的に次第に認められている。

キム・コエレル上級副社長はさらに「健康管理の研究は岐路に立っている。いまでも治癒法や効果的な治療法がない多くの病気の新薬の開発はコストがかかり、複雑でハイリスクの過程であり、一部の医薬品会社にとっては病気分野全体の断念につながる。レオファーマは将来のケア・ソリューションの形成に患者を関与させることを望んでいる」と述べている。

尋常性乾癬患者との共同創薬

3月23日に始まるレオファーマとNPFの共同創薬は一連のワークショップでレオファーマの研究者たちと会うことになっている患者グループによる乾癬フロンティアズの設立が基礎となっている。患者たちはレオファーマの革新プロセスに統合された構成部分となり、必要性の調査に集中して、新しいケア・コンセプトを試験し、新しいソリューションを探求する。最初の任務は新しい組成、機器、パッケージに関する患者の必要性を考慮することになる。

乾癬フロンティアズ・グループは在来型の医薬製品の革新と患者の取り決めコンセプト、アクセスモデル、診断ツール、デジタル技術などの個人化ケア・ソリューションの両方に集中する。乾癬フロンティアズは共鳴板として働き、販売された製品ではなくコンセプトについてだけ行動する。特定の研究結果は秘密保持の対象になるが、パートナーは競争に関係のない結果は一般に公表する方針である。

NPF地域奉仕委員長で理事会メンバーのキャスリン・ギャラント氏は「NPFは研究、治療法開発に関する患者の知見の必要を認めている。この協力関係によって病気を持つひとびとは科学者と直接会って毎日の生活で使えるような先端的な治療法をつくり出せるだろう。その病気にかかっている人以上に製品の革新、患者ケアについてよい話し合いができる人がいるだろうか。この患者に集中した研究コンセプトが新たな機会をつくり出すトレンドになることを希望している」と語っている。

▽レオファーマについて
レオファーマはひとびとが健康な皮膚を実現するのを助けている。世界の100カ国以上で患者にケア・ソリューションを提供することによって、同社は皮膚の管理をするひとびとをサポートしている。

1908年に創立され、レオ財団が所有しているレオファーマは皮膚病に悩むひとびとに対する製品、ソリューションを提供するための研究、開発に数十年をささげている。

レオファーマの本社はデンマークにあり、従業員は世界で約5000人。

詳しい情報は リンクへ。

▽国立乾癬財団(National Psoriasis Foundation)について
国立乾癬財団は乾癬、乾癬性関節炎のひとびとに奉仕する世界最大の非営利組織である。その任務は乾癬と乾癬性関節炎の治療法を発見し、研究、主張、教育を通じてその破滅的な影響を除去することである。

詳しい情報は米オレゴン州ポートランドの国立乾癬財団本部に電話(+1-800-723-9166)するかまたは リンクへ。
Facebookではリンク
Twitterではリンクへ。

ソース:LEO Pharma A/S

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事