logo

高志の国文学館(富山県)で映画『おおかみこどもの雨と雪』特別展を開催

富山県 2013年03月19日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

富山県

高志の国文学館(富山県)で日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した映画『おおかみこどもの雨と雪』の特別展を開催します

高志(こし)の国(くに)文学館では、3月20日(水・祝)から6月3日(月)まで特別展「おおかみこどもの雨と雪 大自然に生きる母と子の物語」を開催します。

映画『おおかみこどもの雨と雪』は、「おおかみおとこ」と恋に落ちたヒロイン「花」が、「おおかみこども」の「雪」と「雨」を育てる13年間を描いたアニメーション作品。監督の細田守氏は富山県上市町出身で、映画には主人公「花」が移り住む古民家をはじめ、雄大な山岳や美しい棚田の風景など、富山県内を映画の舞台のモデルとした景観が数多く登場します。

本展では、厳しくも豊かな自然に移り住んだ「花」と「おおかみこども」たちの成長の足跡を、映画の製作過程で描かれた絵コンテや原画、小説を手がかりに探ります。

○高志の国文学館特別展「おおかみこどもの雨と雪 大自然に生きる母と子の物語」
■会期 平成25年3月20日(水・祝)~6月3日(月)
■会場 高志の国文学館 リンク
■観覧料 一般500円(400円) 大学生400円(320円)
 ※( )内は20名以上の団体料金、高校生以下は無料(常設展示観覧料含む)
 ※常設展のみは一般200円
■開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※3月20日(水・祝)は10時開館
■休館日  火曜日(祝日を除く)、祝日の翌日

○関連イベント
◎学芸員によるギャラリートーク(展示の解説)
 4月6日(土)、5月11日(土)、6月1日(土)
 いずれも午後2時~(30分程度)

◎映画鑑賞会
 特別展の開催に合わせ、細田監督作品の上映会を開催(観覧無料、要事前申込み)
 4月20日(土)  映画「サマーウォーズ」
 5月3日(金・祝) 映画「時をかける少女」
 5月12日(日)  映画「おおかみこどもの雨と雪」
 いずれも午後1時~、富山県教育文化会館ホール

◎関連講演会(聴講無料、事前申込み不要)
 3月30日(土)アニメ映画の継承と発展-アニメ監督細田守の仕事
        【津堅 信之氏(京都精華大学マンガ学部准教授)】
 4月21日(日)みんなで子育て、一緒に成長!
        【神川 康子氏(富山大学人間発達科学部教授)】
 5月6 日(月・振休)アニメのふるさと/ふるさとのアニメ
         【近藤 周吾氏(富山高等専門学校一般教養科准教授)】
 5月18日(土)オオカミと人
        【山本 茂行氏(富山市ファミリーパーク園長)】
 いずれも午後2時~3時30分、高志の国文学館研修室101

◆映画「おおかみこどもの雨と雪」
 細田守監督のオリジナルアニメーション作品。2012年7月21日の公開以来、344万人の観客を動員、興行収入42.2億円の大ヒットとなった。第36回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第67回毎日映画コンクールアニメーション映画賞ほか受賞多数。(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会 スタジオ地図作品

< 富山の今を伝える情報サイト Toyama Just now >
  リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事