logo

【本日3月18日は”睡眠の日”】 ホテルグレイスリー銀座・田町「安眠ルーム」 好評につき、期間延長!

藤田観光株式会社 2013年03月18日 16時21分
From Digital PR Platform


藤田観光株式会社(東京都文京区関口2-10-8、社長・末澤和政)は、ホテルグレイスリー銀座、ホテルグレイスリー田町にて販売中の「安眠ルーム」の販売期間を年内いっぱい延期することを決定いたしました。

「安眠ルーム」は、ホテルグレイスリーやワシントンホテルなどのホテルを全国に展開する当社、健康をはかるリーディングカンパニーである株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)、ヒーリング音楽を手掛ける株式会社デラ(東京都港区六本木3-16-33青葉六本木ビル7F、社長・宇津木秀夫)、「香り」を使ったソリューションを提供するエアアロマジャパン株式会社(東京都世田谷区用賀4-10-3、社長・柳川舞)の4社は共同で、快適な睡眠環境を提供するとともに睡眠状態を「見える化」する次世代型「安眠ルーム」として開発を行いました。
「安眠プラン」として、藤田観光が運営するホテルグレイスリー銀座(東京都中央区銀座7-10-1)、ホテルグレイスリー田町(東京都港区芝浦3-8-1)にて12月15日(土)より提供を開始してまいりましたが、大変好評をいただいており、このたび年内12月31日(火)まで販売の延期を決定いたしました。

日本人の5人に1人、約2000万人が何らかの睡眠障害を抱えているといわれる現在、「睡眠の質」を高めることは、健康を維持する上で重要なファクターといえます。特に日々様々なストレスにさらされているビジネスパーソンにとって、快適な睡眠環境の獲得は大きなテーマであり、出張などでホテルを利用する際、その選定基準の一つとなっています。

今回開発した「安眠ルーム」は、ホテルグレイスリーが備えている高いホスピタリティーと機能性に加え、エアアロマジャパンの「アロバランス」、デラのヒーリング音楽「メンタルフィジックシリーズ」を付加することで、より眠りやすい空間を創出します。「アロバランス」は、オーストラリアの州立大学の脳神経研究チームが開発した天然由来のアロマオイルで、ストレス時に活性化する交感神経の活動を抑制します。また、「メンタルフィジックシリーズ」は「究極の眠れるCD」を使用。自然音を中心とした穏やかな旋律となっており、「1/f(エフブンノイチ)ゆらぎ」の効果で心地よい眠りへと誘導します。同時に、宿泊時の睡眠状態をタニタの睡眠計「スリープスキャン」で計測。インターネット上の特設サイトにアクセスすることで、宿泊時の睡眠点数、睡眠グラフのほか、快眠アドバイスなども見ることができます。宿泊時の睡眠状態を科学的に分析した結果を提示することで、主観だけでなく、客観的にも満足できる安眠環境を提供します。

ホテル業界では消費者ニーズの多様化や価格競争の激化などを背景に、きめ細やかなサービスの提供はもちろん、いかに付加価値を高めていくかがポイントとなっています。4社が共同開発した次世代型「安眠ルーム」は、科学的なエビデンスに基づく環境を、部屋の大幅な改装を行わなくても構築できるのが特徴です。さらに宿泊時の睡眠状態が分かるという、全く新しいスタイルの宿泊プランをリーズナブルな価格で提供することで他のホテルとの差別化を図るとともに、利用者の健康増進に貢献していきたいと考えています。

【「安眠プラン」概要】
提供ホテル:ホテルグレイスリー銀座、ホテルグレイスリー田町
販売期間:2013年12月31日(火)まで
室数:各ホテル1日2室
室料:8000円から(消費税・サービス料・東京都宿泊税込)
特典:
(1)メンタルフィジック音楽CD「究極の眠れるCD」1枚プレゼント、CDプレーヤー無料貸し出し
(2)「アロバランス」スプレー(2.5ml)1本プレゼント
(3)「睡眠計 スリープスキャン」1台無料貸し出し
 チェックイン時にお渡しするID、パスワードでご自分の睡眠データをインターネット上の特設サイトでご覧いただけます。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。