logo

◎ビデオ会議のVisoConが新製品投入の資金調達完了

VisoCon GmbH 2013年03月18日 15時35分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ビデオ会議のVisoConが新製品投入の資金調達完了

AsiaNet 52433
共同JBN 0290 (2013.3.18)

【グラーツ(オーストリア)2013年3月18日PRN=共同JBN】スマート・ビデオ会議ソリューションに特化し急速に成長しているハイテク企業のVisoCon GmbHは18日、エクイティーファイナンス(新株発行を伴う資金調達)を成功裏に完了したと発表した。

今回の資金調達には個人投資家の他、ビジネスエンゼルとしてオーストリアのプライベートエクイティー企業であるi4gとtecnet equityの2社が含まれている。

VisoConは技術的にビデオ会議技術の世界的リーダーであり、オープンウェブベースの複数の特許を持つビデオ会議システムの分野で市場の一角を占めている。

今回の資本導入は、世界的な販売ネットワーク拡大の加速とオープンウェブベース・ビデオ会議ソリューションでさらに業界のトレンドを決定する開発に使用される予定。

VisoConの最高経営責任者(CEO)であるアンドレアス・クレプフル博士は「伝送品質、統合性能、使い勝手の良さを最優先にした大胆な新製品をビデオ会議市場に投入する予定である」と語った。

Frequentis-AGの元マネジングディレクターでVisoConのエンゼルの一人となったクリスチャン・ペグリッツ博士は「VisoConは世界市場で革新的ビデオ会議ソリューションの重要なプロバイダーとしての実績を確立することになるだろう」と述べた。

▽i4gについて
i4gはウィーンに本社のあるオーストリアのプライベートエクイティー企業である。同社は技術系企業のファミリーオフィスとプライベート・ファンデーション向けに事業参画を立案している。

▽tecnet equityについて
tecnet equityは技術志向、革新企業向けに資金提供を行っている。さらにtecnetの責任範囲には、特許保護、技術開発が含まれている。

▽VisoConについて
VisoConは、スマート・ビデオ会議ソリューションに革新的焦点をあてたオーストリアのハイテク企業である。同社は、自由に規模を変えられる複数拠点でのビデオ会議ソリューション分野に特化しており、リアルタイム・コミュニケーションとビデオ分野で12年の経験を持っている。

▽問い合わせ先
Dr. Peter Merschitz
+43-664-541-76-22
peter.merschitz@visocon.com

ソース:VisoCon GmbH

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。