logo

【トリップアドバイザー】「若者の海外旅行離れって本当?」のトリップグラフィックを公開

トリップアドバイザー株式会社 2013年03月15日 15時24分
From PR TIMES



トリップアドバイザーでは、旅行に関するさまざまな情報をインフォグラフィックにして定期的に公開する「トリップグラフィックス」の第66回として、「若者の海外旅行離れって本当?」を公開しました。
リンク

今回は卒業旅行シーズンに合わせて、昨今言われる”若者の海外旅行離れ”の実態についてグラフィックを作成しました。

経済的に豊かになったバブル期から若者(20~24歳)の海外旅行は増え始め、ピークは1996年には200万人以上に。
ところが2010年に海外旅行をした若者は半減近い110万人。
また、海外旅行者全体に占める若者の割合を見ても、ピーク時の12.6%に対して2010年は6.8%。

この数字だけ見るとやはり若者は海外旅行離れしているように見えてしまいます。

しかし、若者の中で海外旅行に行った割合をきりとってみれば、ピーク時の100人中20人に対し、2010年も100人中18人。
ピーク時とほとんど変わらない割合で若者は海外に飛び出しているのです。

確かに若者の海外旅行者数は減っていますが、その理由は単に”若者の人口が減っている”ため。
ここ20年ほど、海外旅行を楽しむ若者の割合自体には大きな変化はないのです。
最近良く言われる、さまざまな”若者の●●離れ”も、実は同じような実態があるかも知れません。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事