logo

◎冬用タイヤで氷上走行世界記録達成 Nokian Tyres

Nokian Tyres 2013年03月15日 09時55分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎冬用タイヤで氷上走行世界記録達成 Nokian Tyres

AsiaNet 52385
共同JBN 0268 (2013.3.15)

【ノキア(フィンランド)2013年3月13日PRN=共同JBN】ウィンタータイヤの考案者であるフィンランドのタイヤメーカー、Nokian Tyres(リンク)はこのほど、氷上を走る自動車のスピードで世界新記録を達成した。テストドライバーのヤンネ・ライティネンが凍り付くような冬の気候の中、ボスニア湾の氷上を時速335.713キロ(208.602mph)で走行した。これまでにはないグリップとスピードは、ウィンタータイヤで世界をリードするメーカーの先端的製品であるNokian Hakkapeliitta 8(リンク)スタッドタイヤ(255/35R20 97 T XL)によって確保された。

 (Photo: リンク
  (Photo: リンク
  (Photo: リンク
  (Photo: リンク

高速でトップクラスのウィンタータイヤは、馬力のある自動車の特性を管理する絶対的なグリップ、構造的な耐久性、正確なハンドリング能力を持つ必要がある。独自のNokian Eco Stud 8テクノロジーは伝説的なHakkapeliitta(ハッカペリター)ウィンタータイヤ製品ファミリー(リンク)の最新製品に適用され、安定かつ予測可能なハンドリングを感じられるようなバランスのとれた縦横のグリップを保証する。これら縦横双方のグリップは、平たんではない氷上とともに、冬季道路上のいつもの追い越し走行中にも必要となる。

Nokian TyresのTechnical Customerサービスマネジャーのマッティ・モーリ氏は「極限的制約下での不断のテストこそ、常に消費者の関心に沿うことになる。われわれは新しいHakkapeliitta 8に極めて厳しい課題を設定したいと思った。自動車が秒速93メートル以上で走行し、スタッドが氷上を43回もたたく極めて高速の際には、タイヤに集中する力は極めて大きくなる。空気抵抗が増大すると、われわれは自動車を加速するためにさらなるグリップが必要になる。グリップのほかにも、ハンドリングと安定性もまた必須となる」と語った。

▽同じ場所、自動車のドライバーはこれまでと変わらないが、今度は新製品Nokian Hakkapeliitta 8を使用
同社所属で「アイスマン」の異名を持ち、数々の世界記録を樹立してきたヤンネ・ライティネンが行った今回の異例のテストで運転された自動車はAudi RS6だった。Nokian Tyresの自社テスト車両が出したスピードは、記録中に時速340キロ(211.27 mph)近くに達した。この世界新記録は3月9日に、オウル市に近いボスニア湾氷上に作った12キロメートル(7.5マイル)のトラックで達成された。

Nokian Tyresと25年余りタイヤテストの専門家として働いてきたライティネンはまた、氷上の最速自動車でこれまでにギネス世界記録(リンク)(2011年3月:331.61 km/h、2016.05mph)、および電気自動車での氷上走行記録(リンク)(2012年3月、252.06 km/h、156.62 mph)を保有している。

ギネスは氷上走行の世界記録で特別のルールを定めている。1キロメートル走行距離の時間が両方向で測定される。世界記録はこれら2つの測定値の平均である。車両は助走スタートして、記録達成に許される時間はわずかに1時間内である。氷は自然状態のもので、化学物質で粗面化ないしは平たんにしてはならない。タイヤは市販されているもので、記録が作られる国の路上使用を認められているものでなければならない。

▽最高のウィンタータイヤの開発者は厳しい条件を周知している
Nokian Tyresは世界最北タイヤメーカーである。同社は1934年の厳冬に向けて世界で初めてウィンタータイヤ(リンク)を開発、製造した。2年後、Nokian Hakkapeliitta(リンク)がノルディックの冬に誕生した。このウィンタータイヤは、真に冬季気象条件の場所では伝説になっている。その独自のイノベーションによってHakkapeliittasは、毎年そして10年また10年とマガジンの各種テストの受賞者になってきた。

当初から、Nokian Tyresによる細心のテストと開発によって、より安全でエコフレンドリーなタイヤへの道を開拓してきた。北極圏最北にあるNokian Tyresは、White Helltとしても知られ、700ヘクタール余りに広がる巨大なIvalo Testing Center (リンク)を保有している。ウィンタータイヤは日夜休みなく、極限条件でテストされている。

同社はノルディック地方の条件で安全な輸送に供する製品とサービスに注力する世界唯一のタイヤメーカーである。乗用車、トラック、重機向けの同社の革新的なタイヤは、主として降雪および森林、および変化のある季節が理由で厳しいドライビング条件下の地域で販売されている。

▽2013年氷上最速
この世界記録に関するビデオおよび記録閲覧:
 リンク

氷上走行世界記録の写真:
 リンク
  Nokian Hakkapeliitta - Snow Road Champion(雪道のチャンピオン)
  Nokian Hakkapeliitta 8 - Ruler of the North(北の支配者)
 リンク

Nokian Hakkapeliittasの新世代 かつてないグリップ
 リンク

極限条件でのテスト IvaloTestCenter- White Hell
 リンク

世界初のウィンタータイヤを以下にして発明されたか
  リンク

氷上最速:Nokian Hakkapeliittaを付けた電気自動車E-RA
  リンク

Nokian Hakkapeliittaの物語:
 リンク

さらに詳しい情報は以下を参照
  リンク

▽Nokian Tyres plcへの問い合わせ先
Technical Customer Service Manager
Matti Morri,
tel. +358-10-401-7621
matti.morri@nokiantyres.com

Vice President, Marketing and Communications
Antti-Jussi Tahtinen
tel.+358-10-401-7940,
antti-jussi.tahtinen@nokiantyres.com

リンク
リンク

ソース:Nokian Tyres

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。