logo

TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA   東京国際アニメフェア2013 シンポジウム開催&ブース展開!

株式会社トヨタモーターセールス&マーケティング 2013年03月14日 19時47分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/3/14

(株)トヨタモーターセールス & マーケティング

TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA 
東京国際アニメフェア2013 シンポジウム開催&ブース展開!

2013年、NEXT GENERATION 「PES (Peace Eco Smile)」 CROSS COLLABORATION 始動!
新たなコラボレーションで広げる、ジャパン・スピリット!

(株)トヨタモーターセールス & マーケティング(以下、TMSM)は、2013年3月21日(木)から開催される「東京国際アニメフェア2013」(以下TAF)にて、STUDIO4℃とのアニメーション・コラボ・プロジェクト、「PES (Peace Eco Smile)」のブースを出展します。
  PES (Peace Eco Smile): リンク

2012年のTAFを皮切りに始動したTOYOTA×STUDIO4℃「PES (Peace Eco Smile)」は、「人を愛すること」をテーマに全7話の短編アニメーションを製作・WEBで公開し、ご好評をいただいています。
そして2013年、「PES」は、「NEXT GENERATION PES (Peace Eco Smile) CROSS COLLABORATION」を掲げ、キャラクターや作品など多様なコンテンツを通じ、ヒトやモノ、場所など様々な形でコラボレーションを展開。
有機的なつながりでグローバルなメッセージ訴求をはかります!

(1)2013年、新たに監督たちとのコラボが実現!監督とTOYOTAの共通のテーマは「環境総合力」
(2)プロジェクトコラボ!シンポジウム『TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA』 開催!
(3)不思議生命体NaSuBiとのコラボ大募集!
(4)番組コラボ!「PES」、フランスの人気番組「Japan in Motion」に登場!

--------------------------------------------------------------------------------------------


(1)2013年、新たに監督たちとのコラボが実現!監督とTOYOTAの共通のテーマは「環境総合力」
   生命の起源、神秘的な新キャラクター「花の精」が物語の鍵を握る!

アニメ業界を代表する監督陣を迎えたPES本格アニメーション作品の製作が決定!作品のバックボーンとしてToyToyotaプロジェクトを通じてテクノロジーと自然との共生をめざしてゆく思想や、人・社会・地球環境との調和を図り、クルマ作りを通して持続可能な社会の実現をめざす姿勢を提案し、環境技術立国である日本のコンテンツとして、地球の環境/エネルギー問題へと物語を展開します。各監督の個性あふれる作品性!メッセージにご期待ください。

★作品の詳細は3/21(木)14:00より、TAFのTOYOTA×STUDIO4℃ブースにて発表!

(2)プロジェクトコラボ! 3/21(木)16:30~、TAFステージにてシンポジウム『TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA NEXT GENERATION「PES (Peace Eco Smile)」 × 「IS JAPAN COOL?」 CROSS COLLABORATION~ソフト・パワーで拓くグローバル戦略の新機軸と、ジャパン・スピリットの発信~』 開催!

3月21日(木)初日のビジネスデー・ステージに多彩な4名のパネリストが集結。シンポジウムの主題は「クロス・コラボレーション」。「PES」×「IS JAPAN COOL?」のコラボをきっかけとして、TMSM×STUDIO4℃、全日本空輸(以下ANA)というグローバルを舞台に戦う企業同士が、根幹事業である製品やサービスではなくソフト・パワー(コンテンツ)を通した新しいつながりを提案します。
そして、TAFという海外ビジネスの架け橋や異業種間交流の場を企画する東京都(行政)の視点を交え、また、その関わりとともに、それぞれのプロジェクトのケーススタディや問題意識とともにディスカッションしていきます。
クロス・コラボレーションの根底にあるコンセプトは、多様なコンテンツを通じて“ジャパン・スピリット”を発信してゆくこと。単なる販促ではなく日本独創のコンテンツとその価値を融合する新たなコラボのあり方とは?グローバルな視点で、最前線の現場から語られる新たな潮流!

一部内容(予定): 展開事例や歩みを背景の思想とともに紹介/グローバル企業に共通する哲学とは?/各企業のブランディングや、コンテンツ製作に今後求められる戦略とは?/クロス・コラボレーションという新しいつながり/ソフト・パワーの促進と行政の役割/若手の人材育成、、、など

■登壇者(予定) ※順不同、敬称略
南井孝夫 (株式会社トヨタモーターセールス&マーケティング 制作局 デジタルクリエイティブチームマネージャー /  「PES」共同プロデューサー)
田中栄子 (株式会社STUDIO4℃ 代表取締役 / 「PES」共同プロデューサー)
佐野晶太郎 (全日本空輸株式会社 プロモーション室マーケットコミュニケーション部 / 「IS JAPAN COOL?」プロモーション担当)
北島隆(東京都産業労働局観光部振興課長)

■イベント詳細: リンク
  ※プレスの方はこちらからお申込ください: リンク
■日程: 3月21日(木) 16:30 - 18:00
■於: 東京国際アニメフェア ステージB (会場: 東京ビッグサイト)
■TAF 公式サイト: リンク  

■イベント・コラボ!TOYOTA×STUDIO4℃のブースは好奇心と遊び心をくすぐる楽しい仕掛けが盛りだくさん!
新企画を筆頭に新たな局面の立ち上げとなるTAF2013のブースでは、AR(拡張現実)やミラー・ボックス、トリック・アートなどを駆使したリアルとバーチャルを融合する世界観の創出はもちろん、様々なヒトとコラボする企画としてブース内でトークを多数開催します。
・ PESプロデューサー × メディア ディスカッション(製作発表) 3/21(木) 14:00
・ [TAF連動企画] テレビアニメ50年史 アニメーション発展の軌跡 3/23(土) 14:00ほか
ブース内トーク情報: リンク

(3)キャラクター・コラボ! NaSuBiでつながる街・ヒト・モノ・・・不思議生命体NaSuBiとのコラボ大募集!

PESに登場する不思議生命体NaSuBiはこれまで世界各地のイベントに出没しており、TAF2013にももちろん登場。商品製作をはじめ街や店舗とのタイアップを多数実現し、リアルとバーチャルを融合するこのプロジェクトの中心的存在となってきました。2013年はこのNaSuBiのキャラクター展開を拡大するとともに、販路を世界中で増幅させます。会場で目撃情報を呟くのもご来場者×NaSuBiのコラボ。
「PES」のグローバル展開は、ひとつひとつのコミュニケーションに支えられています。
NaSuBiコラボ関連お問い合わせ : collabo@toytoyota.com

(4)番組コラボ!「PES」、フランスの人気番組「Japan in Motion」に登場!

フランスのケーブルテレビ局NOLIFEで放映されている、日本のカルチャーJ-POP、ガイドブックには載っていない情報、話題の商品情報などを取り上げる人気番組「Japan in Motion」で、「PES」のコーナーが放送開始!
■アニメ応援プロジェクト(A応P)によるPES Japan in Motionフェイスブック(日仏):リンク

■日本でも放送開始!(フジテレビ系列:テレビ新広島・テレビ西日本)
放送日(全4回): 3月26日(火)より毎週(火)26:00 - 26:30

--------------------------------------------------------------------------------------------

◆ToyToyotaプロジェクト:『PES』コンセプト リンク
元来、ヒトは移動することで、成長し、経験し、進化してきました。その移動をプロデュースする商品としてのクルマであったはずが、いつの間にか性能や複雑な機能で語られることが多くなり、本来の移動による喜びは価値として認識されなくなってきています。そこで、グローバルでトヨタブランドを伝えることを念頭につくられた子会社であるTMSMは、「TOYOTA」の社名の中に潜む、人々の楽しみやトキメキといった気持ちの原点である「TOY(=おもちゃ)」をコンセプトに、そうした「移動の喜び」を発信するプロジェクトとして「ToyToyota」を立ち上げました。
そして、クルマの本質的な価値を、オリジナルキャラクターを使ったアニメーションという暖かさで伝えていこうと2012年に誕生したのが「PES (Peace Eco Smile)」です。つねに独創的な映像表現に挑み国内外で高い評価を受けるSTUDIO4℃とのコラボにより、クオリティの高いオリジナル・アニメーションが実現。全7話の短編では、TOYOTAの願いや、思想・ポリシーに関する話題を盛り込み視聴者への興味・関心を促すとともに、アニメならではの宇宙人という目線をとおして、人間が忘れかけている移動の喜び、ふたりだけの空間、日常にあふれるささやかな幸せや、当たり前に安全であることなどの価値と大切さに気づいてゆく物語を描いています。

◆「IS JAPAN COOL?」 リンク
日本のカルチャーやディスティネーションとしての魅力を海外目線・リアル・イマドキという視点で掘り下げ、世界へ発信していく需要喚起プロジェクトが「IS JAPAN COOL?」です。伝統から最先端、自然からテクノロジーまで、多種多様でカオスな日本の魅力を「DISCOVER」「TOKYO」「OKINAWA」「COSPLAY」「TRADITIONS(KYOTO)」「KAWAII」といったカテゴリーに細分化し、2012年2月の公開から続々とシリーズ展開してきました。プロジェクトが視覚化されたWEBサイトは、世界中のユーザーに「IS JAPAN COOL?」と問いかけた答えが“ランキング”や“コメント&シェア”にてリアルタイムに変化していくなどソーシャル時代に即したユーザー主導型となっています。Twitterでは海外に影響力のある方々による拡散、航空券が当たるキャンペーンには152か国(地域)から5万人以上の応募、Youtubeでは約100万回の動画再生回数。また、2020年に向けた東京オリンピック開催の国際誘致PRフィルムにも選定されています。今後さらに多くの人たちに日本の今を伝えられるよう、「IS JAPAN COOL?」は進化し続けます。

本リリースについての問い合わせ先:
(株)トヨタモーターセールス&マーケティング
南井 孝夫
稲川 博
電話番号:0565-23-0720、0727
メールアドレス:pes@toytoyota.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事