logo

◎ボンベイ・サファイア・ジンがマスター・ディスティラーを任命

ボンベイ・サファイア 2013年03月14日 10時27分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ボンベイ・サファイア・ジンがマスター・ディスティラーを任命

AsiaNet 52380
共同JBN 0272 (2013.3.14)

【ロンドン2013年3月13日PRN=共同JBN】ニック・フォーダム(Nik Fordham)氏は英国ハンプシャーのラバーストーク・ミルにあるボンベイ・サファイアの醸造所でボンベイ・サファイア・ジンのポートフォリオを監督する。

その量と価値(注1)において世界で最も早い成長を続けている大手ジン・ブランドのボンベイ・サファイア(登録商標)は、経験豊かな酒造家であるニック・フォーダム氏がマスター・ディスティラーに就任したことを発表する。フォーダム氏はこのブランドに関する製造を監督し、英国ハンプシャーのラバーストーク・ミルにある現在建設中のボンベイ・サファイア蒸留酒製造所でユニークな蒸留プロセスを指揮することになる。この蒸留酒製造所は今年後半に開所する予定。フォーダム氏は、この代表的なジンの製造とその製造チームの監督に加え、よく知られているブランドのフレーバー・プロフィルが厳格な基準を満たし、ボトルの一本一本の品質が均一になるように、ボンベイ・サファイア・ジンの品質保証にも責任を持つ。

マルチメディアのニュースリリースは以下を参照。
リンク

フォーダム氏の役割は、ボンベイ・サファイア・ジン製造が本務となり、彼はユニークなVapour Infusion蒸留工程を通じたスピリッツ製造の監督を含めてすべての工程を直接監督する。この蒸留プロセスは、トーマス・デイキン氏が1761年に作った秘密レシピに基づくレシピ由来の推奨方法である。かつてジンの品質に新時代をもたらすことになったこの洗練された蒸留法によって、ボンベイ・サファイアのプレミアムジンは、そこに含まれる10種類の貴重な植物の重要性を表現できるようになった。

ニック・フォーダム氏はマスター・ディスティラーとして、イバノ・トヌッティ氏と一緒に仕事をする。トヌッティ氏はボンベイ・サファイアのユニークな植物マスター(Master of Botanicals)で、世界各地から珍しい植物を自ら選び出している。この二人はともに仕事をして、飲みたくなるような滑らかで複雑な味のボンベイ・サファイア・ジンの製造に責任を持つことになる。

Vapour Infusion製法のデリケートな蒸留プロセスは、スピリッツの中に植物を直接投入して沸騰させるという従来のジン蒸留法とは異なり、スピリッツとは別に植物を穴が開いた銅製バスケットに入れる。熱い蒸気が立ちこめると植物の独特のフレーバーがスピリッツに移り、ボンベイ・サファイア・ジンの汎用性をとてつもなく広げる幅広くバランスの取れたフレーバーになる。ボンベイ・サファイア・ジンは現在でも、デイキン一家が1831年に購入したカーターヘッド(Carterhead)蒸留器を使用し続けている。

ニック・フォーダム氏は「これは信じられないほどすばらしいチャンスだ。ラバーストーク・ミルのボンベイ・サファイア蒸留酒製造所の建設に加われるなんて、一生に一度の機会である。チームと協力して、ボンベイ・サファイア・ジンを有名にしたケア、スキル、イマジネーションの価値が蒸留プロセスの核心に残していきたい」と語った。

ボンベイ・サファイアのグローバル・マーケティングマネジャーであるエマ・ヨハンソン氏は「ニック・フォーダム氏は幅広い経験とすばらしい履歴を持っており、ボンベイ・サファイア・ジン・ポートフォリオのためのマスター・ディスティラーとして最もふさわしい人物である。今年にはラバーストーク・ミルの醸造所がオープンするのにあたり、フォーダム氏の就任はボンベイ・サファイアにとってすばらしい機会になる。彼はジン・カテゴリーの再活性化を推進するチームの貴重な一員になるだろう」と述べた。

ボンベイ・サファイア・ジンのブランドは世界120カ国の市場で販売されており、マスター・ディスティラーとしてのニック・フォーダム氏の役割はボンベイ・サファイア・ジンの品質を補完、向上させるものである。最近の世界全体のジン市場は活気がないものの、ボンベイ・サファイアの人気は毎年上昇しており、世界最大の非上場酒造会社であるバカルディが買収して以来、規模はほぼ3倍になっている。

▽ボンベイ・サファイアについて
ボンベイ・サファイア(リンク)は、価値(注2)の点で世界2位のジン・ブランドである。ボンベイ・サファイア・ジンは1761年の秘密レシピに基づいており、世界中から人の手を使ってえりすぐった10種類の珍しい植物を独自の方法でバランスよく調合することによって作られている。植物の自然の香りがVapour Infusion製法と呼ばれるデリケートな蒸留プロセスを経て取り出され、ボンベイ・サファイアが持つ気持ちをかき立てる、滑らかで複雑な味を作り出している。

ボンベイ・サファイアをそれぞれ個人の責任を持って賞味してもらいたい。Bombay Sapphireボトルデザインおよびそのデバイスは商標および/または登録商標である。

Bombay Sapphire - Infused with Imagination

ボンベイ・サファイアは、人々に刺激を与えて心を広げ、これまでと違った考え方によって自分自身や自分の想像力をより表現できることを目指している。ボンベイ・サファイア・チームは誰もが想像力を備えていると考えており、そのためボンベイ・サファイアによって誰にでも刺激を得る機会を与え、彼らの想像力を抽出したいと考えている。

(注1)Data sourced from International Wine and Spirit Research (IWSR), for the 12 months to the end of December 2011. Major brands are those that feature in the top 5 by volume and value globally.
(注2)Data sourced from International Wine and Spirit Research (IWSR), for the 12 months to the end of December 2011. Major brands are those that feature in the top 5 by volume and value globally. Full results available on request.

▽問い合わせ先
Alex Wilson, for Bombay Sapphire,
alex.wilson@hkstrategies.com,
+44-(0)20-7973-5966

ソース:Bombay Sapphire

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事