logo

無料セミナー:テレワーク(在宅勤務)政策と規制緩和を考える&富士ソフトのテレワーク(3/18)

3月18日(月)に第26回テレワーク・ミニセミナーを以下のテーマで開催致します。=======================================================
富士ソフトが在宅勤務制度本格導入!担当者が語るテレワーク運用法&
テレワーク普及のための政策と規制緩和への提案
◆会場:東京21Cクラブ(東京駅 新丸ビル内)◆
◆インターネット中継あり(後日録画視聴可)◆
=======================================================

この度、以下のテーマでテレワーク・ミニセミナー(テレワークマネジメント主催)を無料で開催致します。

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
<<第31回テレワーク・ミニセミナー>>3月18日(月)14時00分~16時00分

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 富士ソフトが在宅勤務制度本格導入!担当者が語るテレワーク運用法
      &テレワーク普及のための政策と規制緩和への提案
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

     ◆会場:東京21Cクラブ(東京駅 新丸ビル内)◆
     ◆インターネット中継あり(後日録画視聴可)◆

 詳細はこちら⇒
  リンク

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*

今回のセミナーは事例紹介含む2本立ての内容で開催いたします。

■【講演】富士ソフトの在宅勤務制度のご紹介
     ~moreNOTE(モアノート)を活用したテレワーク~

富士ソフトでは、2013年1月1日から全社員を対象に、生産性・業務効率の
向上と事業継続、ワークライフバランスを目的とし在宅勤務制度を本格導
入しました。昨年の試行では累計700名もの社員が在宅勤務を実施したとの
こと。どのようなインフラ整備やルールを設定し運用しているのか、iPad
でセキュアに情報共有できるサービス「moreNOTE(モアノート)」を活用
した在宅勤務(テレワーク)制度をご紹介いただきます。

■【講演】テレワーク普及のための政策と規制緩和への提案

1月25日「自宅で働ける環境の整備等幅広い分野でIT技術が活用される世界最
高水準のIT社会を実現するべく、IT政策の立て直しを検討すること。」とい
う総理指示が出されました。20年以上テレワークの現場に携わってきたテレ
ワークマネジメントの田澤由利が、日本におけるテレワーク普及のための政
策および規制緩和について提案を行います。

セミナー終了後、無料の個別相談も実施しています。希望される方は申込
みの際にお申し付けください。

  詳細はこちら⇒
  リンク

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
[概 要]

【日 時】3月18日(月)14時00分~16時00分(開場13時30分)
【参 加 費】無料
【会 場】東京21Cクラブ
      (東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階)
【講 師】

 富士ソフト株式会社 管理本部 人事部人事総務室 室長 益満博子氏
 株式会社テレワークマネジメント 代表取締役 田澤由利

*セミナーの様子をインターネット上でライブ配信いたします
(後日録画視聴可)

  詳細はこちら⇒
  リンク

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*

【お申し込み】※ライブ配信も下記フォームよりお申込みいただけます※
 リンク

【セミナー詳細】
 リンク

※セミナーの内容、講演者は予告なく変更することがございます。予め
 ご了承ください。

担当:テレワークマネジメント 宮前
Eメール:tw_seminar@telework-management.co.jp
電話:03-3265-5012
FAX:03-3265-5032

このプレスリリースの付帯情報

ミニセミナーの様子

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。