logo

“コンビニ”での少額決済、電子マネー VS 現金、どちらが多かった!?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年03月13日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:鬼頭秀彰)が運営する3000点以上のIT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

今回のテーマは「最適」。「飲食店に行く際、重視するのはどちら?」、「コンビニでの決済、どちらですることが多い?」の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■お題1:飲食店に行く際、重視するのはどちら?
――――――――――――――――――――
幅広く情報を出しているマスメディアの情報・・・22%
とても信頼できる仲間内の情報・・・・・・・・・78%

飲食店に行く時に重視するのは「幅広く情報を出しているマスメディアの情報」だと答えた人は22%、「とても信頼できる仲間内の情報」と答えた人は78%という結果になりました。「マスメディアの情報」派のコメントからは、仲間を信用しないわけではないけれど、嗜好が合わない人のアドバイスでガッカリするのは避けたいという気持ちが見て取れます。また、マスメディアの情報はとにかく手軽に入手できるというメリットが大きいようでした。「仲間内の情報」派は、広告がらみで意見が左右する疑い(あくまで「疑い」ですが)のあるマスメディア情報を鵜呑みにできないという強い意志があるようです。また、教える側の仲間が持つウンチクにも期待を寄せているようです。本来は、失敗を繰り返しながらお気に入りの店を開拓していくのも楽しいものだと思いますが…。

<コメント(一部抜粋)>
【「幅広く情報を出しているマスメディアの情報」派のコメント】
●Webからの情報のほうが、手っ取り早く収集できるので。(40代・男性)
●結局自分の好み次第。いい店かそうじゃないかは行って確かめるので、メディアを活用します。(30代・女性)
●仲が良くて、日頃は信頼している友人であっても、ちょっとした味覚や趣味の差で騙された気分になることもあるので、基本は評価者数の多い情報を重視します。(40代・男性)

【「とても信頼できる仲間内の情報」派のコメント】
●お店の雰囲気や味の好みの近い仲間うちの情報だと、ハズレを引く可能性も低いし、開拓も楽しくなるから。(20代・男性)
●ステマの件もありマスメディアの情報は鵜呑みにできないところがあります。(50代・男性)
●仲間の行きつけの店だったりすると、やはりおいしいです。ハズレがありません。また、店員と顔なじみだったりして多少融通がきくこともあります。(30代・女性)

▼その他の「幅広く情報を出しているマスメディアの情報」派、「とても信頼できる仲間内の情報」派の理由はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
■お題2:コンビニでの決済、どちらですることが多い?
――――――――――――――――――――
電子マネー・・・36%
現金・・・・・・64%

コンビニでのメインの決済手段として「電子マネー」と答えた人は36%、「現金」と答えた人は64%という結果になりました。「電子マネー」派は、やはり小銭が不要であることが最大のメリットと感じているようです。更に、ポイントなどの特典や、サービスによってはチャージ不要でそのままクレジット請求される利便性が評価されているよう。「現金」派は、コンビニにおける少額の買い物こそ、サイフに貯まった小銭の使いどころであると確信しています。電子マネーによってお金を使っていないような感覚になることも避ける理由の1つですし、電子マネーを使うことで購入情報を収集されることを懸念する声も。先の大震災の停電時に電子マネーが使えなかった経験を持つ人もちらほら見られました。また電子マネーは、サービスが多数存在することがアダとなり、メインで使うものを絞りにくいという側面もあるようです。

<コメント(一部抜粋)>
【「電子マネー」派のコメント】
●小銭のやり取りがないので小銭入れが軽くなります。逆に使用できないところで1円足りないとがっかりします…。(40代・男性)
●お金に触れなくてすむので衛生面でよい。(40代・女性)
●最近家計簿をつけているのですが、電子マネーだとクレジットから引き落とされるので、大体いくら使ったかあとで計算しやすいです。(20代・男性)

【「現金」派のコメント】
●大規模停電の時、真っ暗なコンビニでは現金しか使えませんでした。電子マネーに頼らず非常時のため、ある程度の現金を持ち歩く必要性を痛感しました。(40代・男性)
●電子マネーの利用履歴は行動履歴です。転用される可能性を否定できないので電子マネーしか選択できない場合以外は現金です。(40代・男性)
●たまった小銭を減らすための、強力なスポットです。すべて電子マネーになったら、困るな~。(50代・男性)

▼その他の「電子マネー」派、「現金」派の理由はこちら
リンク


<調査概要>
○調査期間:2013年2月14日~2013年2月20日
○有効回答数:631
○調査対象:キーマンズネット会員

――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、35万人のIT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。

3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の”いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、
製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから
◆仕事とプライベートのスケジュール管理、同期している人は何%?
リンク

◆ECサイトでの買い物、スマホとPCどちらを使うことが多い?
リンク

◆「成功経験VS失敗経験」、仕事の中で“思い出深い”のはどっち?
リンク

◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
リンク

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。