logo

箕面市は耐震診断を無料にします!~お家の耐震チェック無料キャンペーンをスタート~

箕面市は、地震で倒壊の恐れのある古い木造家屋の耐震化を促進するため、これまで5000円の自己負担が必要だった耐震診断を無料にする「お家の耐震チェック無料キャンペーン」を4月から始めます。
対象となる住宅は、昭和56年5月31日以前に建築された木造一戸建て住宅です。この時期に建てられた木造住宅は、古い耐震基準で設計されており、阪神・淡路大震災ではその多くが倒壊し、火災などの被害拡大の原因にもなりました。
そこで、まずは耐震診断を安心して受けていただけるよう、市内事業者と耐震対策に関する協定を締結するとともに補助額をこれまでより増額し、自己負担をゼロにする関連予算を2月議会に提案しました。

1.お家の耐震チェック無料キャンペーン
 
箕面市は、地震で倒壊の恐れのある古い木造家屋の耐震化を促進するため、これまで5000円の自己負担が必要だった耐震診断を無料にする「お家の耐震チェック無料キャンペーン」を4月から始めます。

【対象となる住宅】昭和56年5月31日以前に建築された市内の木造一戸建て住宅
           (古い耐震基準で建築された木造住宅)

【申請できるかた】住宅の所有者、または今後所有者となるかた
※賃貸住宅の所有者(大家さん)でも可
※市内の住宅の所有者で、市外に在住しているかたでも申請可

昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅は、古い耐震基準で設計されており、阪神・淡路大震災ではその多くが倒壊し、火災などの被害拡大の原因にもなりました。
そのため、箕面市ではこれまで自己負担が5000円で耐震診断を受けられるよう補助を行ってきましたが、地震対策を早急にすすめるため、4月からは自己負担をゼロにする関連予算を2月議会に提案しました。
なお、市では、耐震診断の無料化と合わせ、従来から行っている耐震設計、耐震工事の一部助成も継続実施し、家屋の耐震化を大きく促進していきます。

2.箕面市木造住宅等の耐震対策に関する協定について

市は、市民が安心して、耐震診断を受けられる体制づくりのため、耐震診断技術者を有する市内事業者(設計会社、建設会社など)と耐震対策に関する協定を締結します。(計13社締結予定)。
これにより、耐震診断の相談、診断、補助金の申請まで一貫して協定事業者が行うことになり、市民のかたは協定事業者に依頼すれば、市役所に申請のため来庁することなく、簡単に無料で診断を受けられるようになります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。