logo

マトリックスKVMスイッチKM0932の新機能追加版および新型モジュールKA7177/KA7178を発売開始

~新型モジュールKA7178の使用でKM0932は最大18コンソールの利用が可能に~

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、単体で最大9箇所のコンソールポートから別々のサーバーに同時アクセスできるマトリックスKVMスイッチKM0932/KM0532と、これらの製品とのデイジーチェーン接続用ポート拡張ユニットKM0032の計3機種について、新機能追加バージョンを発表します。 また、これと同時に、本モデルの対応コンピューターモジュールの新製品として、スマートカードリーダー対応のKA7177と、デュアルバス対応のKA7178の計2機種を発表します。
KM0032/KM0532/KM0932は、3月8日より新機能追加バージョンでの出荷となります。既に本製品をお使いの場合は、新バージョンのファームウェア(V2.0.192)を適用することで下記の新機能がご利用いただけます。また、上記のコンピューターモジュールの新製品2機種も同日に出荷を開始いたします。

主な追加機能とメリット

1.最大18ユーザーによる同時アクセスが可能 (KA7178使用時)
KM0932は通常単体で9コンソールまでご利用できますが、コンピューターモジュールKA7178をそれぞれ2台のKM0932のPCポート側に接続することにより、最大18(9×2)コンソールまでユーザー数を増設することが可能になります(図1参照)。


2.サーバーパスの二重化に対応 (KA7178使用時)
コンソールの接続に使用するコンソールモジュール(KA7230、KA7240)のライン入力ポートにマトリックスKVMスイッチをそれぞれ接続し、サーバーはデュアル出力対応のコンピューターモジュールKA7178で接続すると、そのサーバーへのパスを二重化することができます(図2参照)。片方のパスが利用できなくなると、自動的にもう片方のパスに切り替えますので、操作が中断されることがありません。


3.コンソールとポートのグルーピング機能でマルチヘッド出力対応のサーバーの接続が可能に
KMシリーズV2.0.192以降のファームウェアバージョンでは、コンソールとポートをグルーピングすることができます。こうすることで、マルチヘッドのビデオ出力に対応したサーバーもマトリックスKVMスイッチの配下に組み込んで管理することができるようになります。

このプレスリリースの付帯情報

KM0932 外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

製品型番 製品名 標準売価(税別)
本体(既存製品)
KM0932 9ユーザー32ポートマトリックスKVMスイッチ 840,000円
KM0532 5ユーザー32ポートマトリックスKVMスイッチ 530,000円
KM0032 デイジーチェーン接続専用ポート拡張ユニット 780,000円


コンソールモジュール (既存製品)
KA7230 PS/2&USBコンソールモジュール 120,000円
KA7240 バーチャルメディア対応 PS/2&USBコンソールモジュール 130,000円


コンピューターモジュール(既存製品)
KA7120 PS/2コンピューターモジュール 20,000円
KA7130 レガシーSunコンピューターモジュール 20,000円
KA7140 シリアルコンピューターモジュール 20,000円
KA7170 USBコンピューターモジュール 20,000円
KA7176 バーチャルメディア・オーディオ対応
USBコンピューターモジュール 38,000円

コンピューターモジュール(新製品)
KA7177 バーチャルメディア・スマートカードリーダー対応USBコンピューターモジュール 31,000円
KA7178 デュアルバス・バーチャルメディア・オーディオ対応USBコンピューターモジュール 38,000円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事