logo

植物工場システムの海外展開 Vol.2

株式会社スプレッド 2013年03月07日 20時14分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年3月5日

株式会社スプレッド

米国ネバダ州立学術砂漠研究所DRIとパートナーシップ協定の締結に向け
協議を行うことで基本合意

この度、株式会社スプレッド(本社:京都府京都市、代表取締役社長:稲田信二)のアメリカ現地法人であるNUVEGE, INC.(ネバダ州ラスベガス市)が、地球環境研究の最先端応用科学分野で国際的に権威あるDRI(Desert Research Institute)とPPP(Public-Private Partnership)協定の調印に向けた協議を行うことを基本合意いたしましたので、ご案内申し上げます。

■パートナーシップの骨子
DRIとNUVEGEのパートナーシップは、乾燥地帯の農業に新しい活力を与え、新しい産業の創出と環境教育の推進を促す官民連携(PPP)です。
DRIは高等教育機構の最高位にある研究専門学院であるネバダ州立研究所として、世界各地で大気、土壌、水や生命に対する最先端の応用研究を行っており、500名以上の研究員が年間総収入5000万ドルを生み出す、世界TOP25に入る高度な研究機関です。
このパートナーシップは、世界最大の生産規模を誇るスプレッドの植物工場技術と、世界各地で人々の生活を向上させるための研究を行っているDRIの優れた研究開発技術を組み合わせ、ネバダ州の多様化する経済の発展に貢献するとともに最先端の科学に基づく市民の教育ニーズを満たします。

■ネバダ州へのメリット
ネバダ州は経済発展の主要産業が観光事業であるため、都市部では最高水準の食品を生産する必要性に迫られています。しかしながら、その厳しい自然環境により従来の農業がネバダ州で商業的に発展し得る可能性は制限されています。
ネバダ州のブライアン・サンドバル知事は、2012年から2014年の経済開発計画において農業ビジネスがネバダ州の経済発展に貢献する将来有望な分野であるとし、農業事業者をネバダ州に誘致することを目指しています。

■社会貢献
このパートナーシップは商業目的のみならず、過酷な自然環境下での効果的な農業、観光産業の発展や環境教育など、社会貢献に資する研究・開発を行うことも目的としています。

【会社概要】
会社名:株式会社スプレッド
所在地:京都府京都市下京区中堂寺粟田町90番地KRP(京都リサーチパーク)8号館
代表者:代表取締役社長 稲田信二
事業内容:完全制御型植物工場による野菜の生産及び販売
資本金:10,000,000円
URL:www.spread.co.jp

会社名:NUVEGE, INC
所在地:3565 S. Las Vegas Blvd Las Vegas, NV 89109 USA
代表者:President & CEO Shinji Inada
URL:www.nuvege.com

会社名:Desert Research Institute
所在地:2215 Raggio Parkway Reno, NV 89512-1095 USA
代表者:President Dr. Stephen G. Wells
URL:www.dri.edu                              

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事