logo

◎NYSE TECHNOLOGIES が日本における  マネージドサービスを拡大

NYSE Euronext 2013年03月07日 18時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎NYSE TECHNOLOGIES が日本における  マネージドサービスを拡大

AsiaNet 52340

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

NYSE TECHNOLOGIES が日本における
マネージドサービスを拡大

-- 日本取引所グループのコロケーションにおけるマネージドインフラストラクチャサービスを提供

ロンドン、東京-2013年3月7日 -NYSE Euronext (NYX)のコマーシャルテクノロジー部門であるNYSE Technologiesは、本日、日本取引所グループ (JPX)のコロケーションエリアでの日本におけるコネクティビティサービスの更なる拡大を発表しました。本サービスは、2013年5月以降利用可能となり、その結果、NYSE Technologiesは、日本のコネクティビティソリューションの大半をカバーすることになります。

JPXのコロケーションエリアを活用することで、バイサイド、セルサイド双方のニーズに迅速に対応するための、NYSE Technologiesのマネージド・インフラ・ソリューションを提供することができます。また、業界の低レイテンシーのインフラに対応した売買データ及びマーケットデータサービスも中立的かつコスト効率の高い方法で提供可能となります。NYSE Technologiesのマネージド・インフラ・ソリューションは、Secure Financial Transaction Infrastructure (SFTI(R))を通じて提供され、2012年に開設した東京リクイディティセンターのマネージド・インフラ・ソリューションに続く新たなサービスとなります。取引参加者には、NYSE Technologiesが、日本のマーケットにアクセスするための多様な選択肢を提供いたします。

NYSE Technologiesアジアパシフィック地域総括のDaniel Burginは次のように語っています。「既設の東京リクィディティセンターに続く今回のJPXコロケーションエリアへのNYSE Technologiesによる新たなコミットメントは、当社のマネージドサービスとグローバルコミュニティ戦略の展開における更なる一歩です。プロフェッショナルなサービスレベル契約により、バイサイドの機関投資家が日本市場のコロケーションサービスを利用した売買データ及びマーケットデータのインフラサービスにアクセスすることが可能となります。同時に、セルサイドの参加者には、コスト効率の高いインフラ・ホスティング、環境構築と立ち上げの支援、テスト及びマーケットデータリプレイのサービスを提供します。」  

これらのソリューションに加え、JPXのコロケーションは、東京証券取引所の現物市場及びデリバティブ市場への最速レイテンシーのアクセスを実現します。NYSE Technologiesの提供するサービスとして、ネットワーク機器・サーバのオンデマンドサービスがあり、低レイテンシーによる売買・マーケットデータ・ソリューションと併せて、お客様の要望にお応えします。SFTI(R) を通じて提供している既存のサービスもすべて、この新たなコロケーションエリアを通じて引き続きご利用いただけます。

さらに、お客様は、マーケットデータから発注系にまでわたる、 NYSE Technologiesの多種多様な製品群から各種のアプリケーションをフルマネージドで実装することができます。また、プロフェッショナルサービスプロバイダとして、どのベンダーのアプリケーションでもお客様自身の管理の下、NYSE Technologiesの環境内で実行することも可能です。

連絡先: Ada Anunoby:
電話: +44 207 3792316
Email:  aanunoby@nyx.com

NYSE Technologiesについて
NYSE Euronext(NYX)の一部門であるNYSE Technologiesは、バイサイドやセルサイド、各種取引所など、ミッション・クリティカルで付加価値の高い顧客サービスを実現できる次世代のパフォーマンスと専門知識を必要としているお客様に、取引やデータ、インフラに関する総合的なサービスとマネージド・ソリューションを提供します。NYSE Technologiesは次の4つの事業を担当しています: 1) グローバル・コネクティビティ事業 - 高い信頼性を誇る世界最大規模の金融取引ネットワークを提供し、世界中の取引参加者と取引所をつなぎます。2) トレーディング・ソリューション事業 - 高いパフォーマンスを備えたエンドツーエンドのメッセージング・ソフトウェアやリアルタイムのマーケットデータ配信・統合製品を開発・導入します。3) 取引所ソリューション事業 - 複数の資産を対象にした取引所プラットフォーム・サービスやマネージド・サービス、専門家によるコンサルティングを提供します。4) グローバル・マーケットデータ事業 - 複数の資産クラスを網羅する、世界中のさまざまなマーケット情報製品を提供します。米国やヨーロッパ、アジアに拠点を構え、様々なサービスを対象にして提供されるNYSE Technologiesの高度な統合ソリューションは、グローバルに展開する金融機関や取引所の取引業務を促進することができます。NYSE Technologiesに関する詳細はリンクを参照してください。

NYSE Euronextについて
NYSE Euronext (NYX) は、革新的な取引技術を提供する、金融市場のリーディンググローバル企業です。 NYSE Euronext (NYX)が運営する欧州及び米国の取引所では、株式、先物、オプション、債券その他の上場商品が売買されています。 約8,000の上場銘柄(欧州仕組み商品を除く)から成るNYSE Euronextの証券取引所(ニューヨーク証券取引所、NYSE Euronext、NYSE MKT、NYSE Alternext、Arca)は、世界の証券取引の3分の1を占め、国際証券取引所グループの中で最も高い流動性を誇ります。また、NYSE Euronext は、取引金額ベースで世界第2位の欧州有数のデリバティブ市場であるNYSE Liffeも運営しております。NYSE Euronext は、NYSE Technologiesを通じて、包括的な商業技術、コネクティビティ、市場データに係る商品及びサービスを提供しています。NYSE Euronext は、S&P 500 指数の構成銘柄です。詳細情報については、リンクをご覧ください。

免責事項について
本プレスリリースに含まれる内容はいずれも証券若しくは投資の購入若しくは処分その他の取引への参加又は法的、税制上、会計上、或いは投資上の助言又は証券若しくは投資の適切性或いは採算性に関するサービス提供についての申し入れ、勧誘、又は推薦を行うものではありません。NYSE Euronext子会社によって運営される取引所にて取引される金融商品に係る権利と義務は、市場運営者の適用ルールに応じてのみ発生するものとする。NYSE Euronext は、投資があなたに適当なものかどうかに関するいかなる見方を示すことはなく、当該投資に係る第三者の助言を得ることを推奨します。NYSE Euronextのマーケットで取引可能な商品の取引を希望する方、または第三者にそのような商品を提供したい方(上場及び/又は商品取引又はその他の方法によって)は、事前に関係地域における法的及び規制上の立場を確認し、関係リスクを理解されることをお勧めします。NYSE Euronextは、本プレスリリースで特定されるいかなる企業、証券その他金融商品又は投資のメリットに関するいかなる推薦も行いません。同様に、NYSE Euronextは、本プレスリリースで特定されるいかなる企業が推薦若しくは指示するいかなる企業、証券、金融商品又は投資の購入若しくは売却についてもいかなる推薦も行いません。本プレスリリースは、いかなる方法によっても拘束力のある若しくは法的な合意を成すこと、又いかなる法的義務又は責務をNYSE Euronext若しくはそのいかなる関連会社に課すことを目的とはしておらず、そしてそうならないものとする。 NYSE Euronext は、本資料に含まれる情報を更新する一切の義務を放棄します。
NYSE Euronext とは、NYSE Euronext及びその関連会社のことをいい、本資料におけるNYSE Euronextへの言及は文脈に応じていずれかの会社を含む。NYSE Euronext、New York Stock Exchange、NYSE MKT、NYSE Alternext、NYSE Arca 及びNYSE Liffe は、NYSE Euronextの登録商標である。 (C)2013, NYSE Euronext ?無断複写・複製・転載を禁ず。

nyx.com
情報配信中: Exchanges Blog ( リンク )
Facebook ( リンク )
LinkedIn ( リンク )
Twitter ( リンク )

連絡先 - メディア:
アムステルダム +31.20.550.4488
リスボン +351.217.900.029
ニューヨーク +1.212.656.2411
ブリュッセル +32.2.509.1392
ロンドン +44.20.7379.2789
パリ +33.1.49.27.11.33

連絡先 - IR: 
ニューヨーク +1.212.656.5700


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事