logo

OKI、プリンタ・複合機のLCMサービス「EXaaS(TM) プリンタLCMサービス」のクラウドサービス拡充

「EXaaS(TM) M2Mプラットフォーム」との連携で、出力状況の可視化・保守の迅速化を実現

Tokyo, Mar 7, 2013 - ( JCN Newswire ) - OKIは、このたび、プリンタ・複合機のLCM(注1)サービス「EXaaS(TM) プリンタLCMサービス」と新たに開発した「EXaaS M2Mプラットフォーム」を連携し、サービスメニューに出力状況を可視化する「使用状況レポートサービス」を追加します。本サービスは、2013年4月より提供を開始します。また、M2Mプラットフォームの利用により、プリンタ・複合機の保守対応の迅速化を図ります。

企業のプリンティング環境の維持管理には、プリンタ・複合機のライフサイクルで(1)導入計画(2)調達・展開(3)運用・保守(4)リプレース・廃棄の4フェーズにおける管理が必要不可欠であり、企業の大きな負担となっています。

OKIが2012年6月より提供している「EXaaS プリンタLCMサービス」は、LCMにおける4フェーズの業務をOKIが代行することで、企業のプリンティング環境の運用・管理負担を軽減します。企業はサービスの導入により、プリンタ・複合機を自社資産として保有せずにプリンティング環境を整備でき、企業の持たない経営を支援します。さらに、使用状況に応じて消耗品などが配送されるため、面倒な消耗品などの在庫管理・発注業務が不要となります。なお、提供するプリンタ・複合機は、5年間無償保証のサービスでご好評いただいているOKIデータの「COREFIDO(コアフィード)」シリーズを採用します。

今回、新たに提供を開始する「使用状況レポートサービス」は、「EXaaS M2Mプラットフォーム」を通じてプリンタ・複合機の出力状況をクラウド上に収集し、「機器単位」「部署単位」「個人単位」で印刷枚数を集計します。企業の管理者は、WEBにログインするだけでいつでも最新の使用状況をランキング形式で参照できます。また、集計結果をCSV形式のファイルで簡単にダウンロードでき、他のアプリケーションで分析したりグラフ化したりすることも可能です。これにより企業の管理者は、これまで把握が難しかった使用頻度の低い機器を検出し、印刷状況に応じたレイアウトの見直しにより、印刷コストの最適化を図れます。

また、M2Mプラットフォームは各機器の出力状況に加え、機器の紙詰まりや処理エラーなどの障害情報を含むプリンタ・複合機の状況を遠隔監視します。収集した障害情報をもとにお客様からの保守コール時に、迅速な対応で短時間での復旧を実現します。

OKIは現在、提供中のLCMサービスとM2Mプラットフォームを連携させることで、今後も企業の負担を軽減する新しいサービスを提供していく予定です。

【「EXaaS プリンタLCMサービス」メニュー概要】

1.アセスメントサービス

現在の印刷状況(機器台数、印刷頻度/枚数、印刷内容など)から、最適プリンタ配置を提案します。

2.プリンティング環境提供サービス

プリンタ、複合機を貸し出し(*1) てプリンティング環境を提供します。
対象機器: A3カラーLED複合機、A3カラーLEDプリンタ、A3モノクロLEDプリンタ

3.消耗品配送サービス

プリンタ・複合機の稼働状況監視(*2)により消耗品(トナーカートリッジ、イメージドラム)・メンテナンス品(ベルトユニット、給紙ローラー、定着器ユニット)を配送します。

4.使用状況レポートサービス(NEW)

「機器別」「部署別」「個人別」の出力状況をWEB上にランキング形式で提供します。

5.機器保守サービス

ヘルプデスクによる解決支援、オンサイト保守を提供します。

(*1) プリンタ、複合機のご使用は、お客様のLAN環境への接続を前提としています。
(*2) プリンタLCMセンサー(プリンタ・複合機の稼働状況データの収集装置)をお客様のLAN環境へ接続することで機器の稼働状況を監視します。

【販売計画】

提供時期: 2013年4月下旬より
価格(月額): 個別見積もり(消耗品・定期交換部品および保守を含んだ料金)
販売目標: 2015年度までに15億円

【用語解説】
注1:ライフサイクルマネジメント(LCM)
システムの企画、開発から運用・破棄までの工程全般にわたる業務マネジメント。

【リリース関連リンク】
「EXaaS」紹介サイト: URL: リンク

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 永野
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューション&サービス事業本部 ITサービス事業部
お問い合わせフォーム URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。